2017年04月25日18時59分

パイオニアVC、統合型ICT教育ソリューション「xSync Classroom」発表

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
パイオニアVC、xSync Classroom
「xSync(バイ シンク) Classroom」

 パイオニアVCは4月24日、学校向け統合型ICT教育ソリューション「xSync(バイ シンク) Classroom」を発表した。2017年夏より発売する。

 一斉学習・協働学習・遠隔学習など、幅広い学びの環境をタブレットから実現。「毎日使えるICT」がコンセプトとしており、日常的に児童・生徒が過ごす普通教室で、ICT機器を活用した学習を提供する。先生側も先生用タブレットから各種操作が行なえるしくみを取り入れており、電子黒板への書き込みや比較表示、児童・生徒用タブレットへの教材配布や成果物の回収などができる。

 タブレットやカメラ、電子黒板やプロジェクターといった各種デバイスと連携でき、教室の大画面表示とともに先生用タブレットを持ち歩くことで机間指導などにも適したシステム。すでに青山学院初等部にて試用されており、好評だという。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking