2017年04月25日12時42分

社員の顔と情報がすぐわかる人材管理ツール「カオナビ」新たに組織図機能を追加!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
kn

 カオナビは4月25日、クラウド人材管理ツール「カオナビ」最新版の提供開始を発表した。

 カオナビは、顔写真が並ぶシンプルな画面で直感的に操作できるインターフェースを特徴としている。一元化された人材情報を簡単に共有できるほか、外出先でもスマホからアクセスできる。社員の顔や名前・経験・評価・スキル・才能などの人材情報を一元管理し可視化することで、適した人材配置や抜擢といった人材マネジメントの効率化および生産性向上に貢献するという。

 最新版では、顔写真付きの組織図機能「SYNAPSE TREE(シナプスツリー)β」のほか、全社員の評価や資格保持率などあらゆる人材情報の集計結果をリアルタイムにグラフで確認できるグラフ機能「CHART BOARD(チャートボード)β」を搭載。

kn
SYNAPSE TREE β

 SYNAPSE TREE βは、組織内においてどこに誰が所属しているかをわかりやすくする機能。組織図上に顔写真を並べることで、名前だけの組織図よりも組織がイメージしやすいという。また、マウスで顔写真を動かして人材配置のシミュレーションができるほか、PDFによる画面出力も可能。

kn
CHART BOARD β

 CHART BOARD βは、全社員の集計情報をわかりやすくグラフ化する機能。男女比、年齢層といった基本情報はもちろん、評価や資格保有の割合などあらゆる管理項目をグラフで確認できる。また、グラフから該当する顔写真を直接表示させたり、リストとして保存も可能としている。

 さらに今夏には、チャットツールとの連携やAPI公開も予定している。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking