2017年04月18日18時00分

10~15万円で組むRyzen自作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アスキーの会員サービスASCII倶楽部では、会員の方だけが読めるさまざまな連載や特集が毎日更新中。有料の会員サービスですが、現在3日間無料キャンペーンを実施中です! 詳細は記事末尾をご確認ください。

 本日は、ASCII倶楽部で4月1日に公開した「10~15万円で組むRyzen自作」を紹介します。


「Core i7-6900K」1個分で組める
Ryzen自作から漂う2000年代の香り

 久しぶりに登場したAMD製CPUのRyzen。2017年3月現在は、Ryzen 7 1800X/1700X/1700の3製品。新ソケットであるAM4対応マザーボードを見ると、チップセットはX370とB350の2種類が存在している。

 AMDオンリーライフを満喫していた場合は、新しいものばかりで迷いがちだが、価格帯で見ると競合であるインテルよりも思いっきり安く、かつマルチスレッドに強いPCを構築可能だ。そこで今回はRyzenでPCを自作していこう。

インテルの(同性能)半額で! 10~15万円で組むRyzen自作
Ryzen

Ryzenって何?

 ざっくりいえば、Ryzen 7 1800X/1700X/1700は低価格の8コア16スレッドCPUになり、AMDがターゲットとする「Core i7 6900K」の半額ほどで、性能はその上を行くといったもので、発売前から話題となっていた。

 傾向としては、マルチスレッド性能は良好だが、シングルスレッドは「Core i7-7700K」よりも下と、尖った部分はあるものの、Pure Powerによる待機時の省電力性が高くなっており、コア数が多くても常用しやすい。

Ryzenシリーズのラインナップ
製品モデル Ryzen 7 1800X Ryzen 7 1700X Ryzen 7 1700
コア数 8 8 8
スレッド数 16 16 16
ベースクロック 3.6GHz 3.4GHz 3GHz
Boostクロック 4GHz 3.8GHz 3.7GHz
TDP 95W 95W 65W
希望小売価格(税別) 5万9800円 4万6800円 3万8800円
インテルの(同性能)半額で! 10~15万円で組むRyzen自作
Ryzenのパッケージ。Ryzen 7 1700にはCPUクーラーが付属する

 今回のCPUを見てみると、Ryzen 7 1800X/1700Xの場合は、ブーストクロックとXFR(Extended Frequency Range)が設定されている。Ryzen 7 1800Xで見るとブーストクロックは最大4GHzで、2コア以下でそのクロックに到達。全コアが高負荷の場合は、3.7GHzまで上昇する。ややこしいが、さらにXFR時は最大4.1GHzまで上昇といった具合だ。

 XFRは冷却状況に応じてクロックを上昇させるもの。おもしろい機能だが、6コア以上がC6ステートにある状態が前提条件となっているので、意図的に必要とするシーンはなさそうだ(意識する必要性も薄い)。

 なおオーバークロックについては、すべてのRyzenが倍率ロックフリーになっており、X370かB350チップセット搭載マザーボードであればオーバークロック可能だ。

インテルの(同性能)半額で! 10~15万円で組むRyzen自作
XFRに入ったところ。倍率が40xから41xになっている。CINEBENHC R15でSingleを計測しているときに確認できた
インテルの(同性能)半額で! 10~15万円で組むRyzen自作
CINEBENHC R15のベンチ結果。マルチスレッドがとにかく強い。シングルスレッドはそれほどでもないため、ゲームタイトルの大半やシングルスレッド性能を必要とする用途には弱いが、ゲームやストリーミング配信用としては、かなりオススメのCPUになる

 続きは「10~15万円で組むRyzen自作」でお楽しみください。

 なお、こちらの記事の続きを読めるのはASCII倶楽部会員の方限定。いまならASCII倶楽部3日間無料お試しキャンペーンを実施中! 詳細は下記をご覧くださいませ。

 ASCII倶楽部には、今回紹介した記事だけでなく、PCやスマホ、カメラ、テレビ、オーディオなどの会員だけが読める連載が毎日更新されております!

3日間無料トライアルキャンペーン実施中!

 アスキーの会員サービス(月額1080円)「ASCII倶楽部」では、週刊アスキー 電子版の最新号から過去3年ぶん以上のバックナンバーが読み放題となっております。

 加えて、ASCII倶楽部では会員の方だけが読める連載・特集記事やニコ生のアーカイブ、さらにはイベント(!)も楽しめちゃいます。

 そんな月額サービスのASCII倶楽部はただいま3日間無料トライアルキャンペーンを実施中。トライアルキャンペーンでは、ASCII倶楽部のすべてのコンテンツを利用できるので、期間内であれば週アスも読み放題!

320

会員制読み放題サービス
ASCII倶楽部(アスキークラブ)

■利用料金
月額1000円+税(税込1080円)
※毎月1日~末日までの利用料金として

■支払方法等
●以下のクレジットカードによるお支払いとなります。
* VISAカード/MasterCard/アメリカン・エキスプレスカード/JCBカード
※ご利用になる決済機関によって決済時期及び決済方法が異なります。
それぞれの決済機関が定める利用規約等をご確認ください。

■提供時期
月額利用料金の支払い後、すぐに利用可能。

■推奨環境 <端末・ブラウザ>
【PC】
・OS
Windows 7 以上 , Mac OS X 10.10以上
・ブラウザ
(Windows)Internet Explor 11※Edgeは除く , Google Chrome , Firefox
(Mac)Safari
【スマートフォン】
・OS
iOS 8 以上 , Android 4.x以上
・ブラウザ
(iOS)Safari
(Android)Google Chrome

URL ASCII倶楽部

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp