2017年04月11日10時00分

デジカメバッテリー採用で軽量化! ソニー「ハンディカム」エントリー新機種登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ハンディカム
「ハンディカム HDR-CX470」。ホワイトとブラックの2色展開

 ソニーは4月11日、ビデオカメラ「ハンディカム」のフルHDモデル「HDR-CX470」を発表した。4月21日発売予定で、予想実売価格は4万円前後。

 エントリーモデルの位置づけで、最大の特徴は撮影時で215gという軽さ。まさにモックアップを持っているような感じだ。

ハンディカム
バッテリーはデジカメ用の「Xバッテリー」を採用

 この重量を実現するため、バッテリーは従来のビデオカメラ用のものではなく、デジタルカメラ用の薄いもの(Xバッテリー)を採用。バッテリーによる連続撮影時間は115分と、従来機(CX845)と比較して40分ほど短くなっている。

 一方で、従来機で搭載していた無線LANやタッチモニターが非搭載となる。本体サイズは幅54×奥行き128×高さ59.5mmだ。

ハンディカム
光学30倍のズームレンズを採用。LEDライトなどは搭載せず、アクセサリーシューもない
ハンディカム
PC接続用のUSBケーブルはグリップベルトに収納できる
ハンディカム
外部ストレージとしてmicroSDカードが利用可能

 そのほかの基本仕様は踏襲しており、撮像素子は1/5.8型(229万画素)で、光学30倍ズームレンズを搭載。内蔵メモリーは32GBで、microSDカードも利用できる。光学式手ブレ補正も内蔵する。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking