2017年03月30日13時55分

人類規模の問題を解決する「24時間航行が可能なドローン」のコンセプト発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
dr
24時間ドローン・コンセプト画像

 アイ・ロボティクスは3月29日、ベンチャー企業の祭典「Slush Tokyo 2017」にて「24時間航行が可能な無人航空機(ドローン)」のコンセプト、および実現される空のインフラを利用したサービスモデルのコンセプトを発表した。

 24時間航行可能ドローンは、2m四方のサイズで、高度300mから3000mの航行を想定している。衛星と地上付近のドローンの間を埋め、人類規模の課題解決を図ることができる物理的なインフラの構築をコンセプトとしている。

 サービスモデルとしては、機体を1機10万ドル以下(目標値)で生産できるようにし、数千~数十万の機体が常時地球の上空をカバー。地球環境のモニタリングによる環境問題の対応や外洋上への船への物資搬送、災害、遭難等への迅速な出動、上空からの管制、アフリカや中央アジアにおける食糧問題の解決などを想定している。

 同社はコンセプトを実現するために、バッテリーの数十倍の航行を可能にする金属型燃料電池やマルチGNSS、有人機ともコミュニケーション可能な管制システム、VTOL型機体制御ソフトウェア、人工知能プラットフォーム、高性能カメラ・センサー、ブロックチェーンを利用した飛行許可認証システムなどの技術を特定し、検証を実施している。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!