2017年03月29日22時30分

最強のセルフィースマホ「Meitu T8」の実力をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
T8

 スマートフォンのカメラ性能競争が続く中、フロントカメラ機能の向上をひたすら追求してきたメーカーがMeitu(メイトゥ、美図)です。

 最新モデルの「T8」は、2400万画素相当のフロントカメラを搭載し、金属ボディーの高級感あふれる同社のフラグシップモデルとして登場しました。

 美しいセルフィーを楽しみたい女性はもちろん、高画質カメラ搭載のハイエンド機が気になる男性も要チェックのT8のレビューをお届けします。

128GBストレージ搭載!「自撮りスマホ」とあなどるなかれ

 スマートフォンと言えば、長方形のデザインですが、MeituのT8は上下に角のある、六角形を引き延ばしたような形状をしています。ディスプレー上下にはステレオスピーカーを配置し、音楽再生性能も悪くないとのこと。

 また、ディスプレー下部には指紋認証センサーを備えます。iPhoneと類似した丸いボタンですが、本体形状が異なることからiPhoneっぽさは感じられません。

T8
独特の本体形状を持つT8

 背面は金属素材におおわれており、高級感を出しています。過去モデルはプラスチックボディーだったので質感は大きく変わり、より高い年齢層のユーザーにも支持をされそうです。

 レビュー端末のカラーはマジカル・オレンジ。光の当たり具合によっては赤にも見え、女性だけではなく男性が持ってもおかしくないシックな色合いでしょう。

 なお、背面はゆるやかなカーブを描いた形状ですが、カメラの回り部分はフラットな形状。そのため、カメラ部分が背面からわずかに出っ張っていますが、気になるものではありません。

T8
ボディーは金属製になった。マジカル・オレンジは男女ともに似合う色合い
T8
前モデルの「M6」。プラスチックボディーなのでよりカジュアルな仕上げ

 本体側面は左側にボリュームキー、右側に電源キーとカメラのシャッターキー、そしてSIMスロットを備えます。SIMはナノSIMでデュアルSIMには非対応。また、micro SDカードによる拡張もありません。本体メモリーが標準で128GBなので、実用上は問題ないかもしれません。

T8
左側面にはボリュームキー右側面はSIMスロット、電源キー、カメラキーが並ぶ
T8
T8
SIMスロットはナノSIMが1枚だけ利用できる。micro SDカードには非対応

 本体上部に端子類は無く、すっきりしたデザイン。下部にはUSB Type-C端子とヘッドフォン端子、スピーカーが並びます。このあたりはよくあるデザインでまとめています。

T8
本体上部と下部。端子類は下部にまとめてある

 さて、T8の最大の特徴であるフロントカメラは、ソニーのIMX362(1200万画素)を搭載。これをデュアルピクセル化することで実質2400万画素の画質としています。

 前モデルのM6は IMX230(2100万画素)だったので、実質的に画質は向上していると言います。そして、LEDライトは大型化しており、暗闇でも美しいセルフィーを撮影可能にしています。なお、リアカメラはIMX338(2100万画素)を搭載しています。

T8
フロントカメラは2400万画素相当。LEDライトを備える(画面には保護フィルムを張り付け済み)

 本体サイズは71.5×158.4×9.3mm。ディスプレーサイズが前モデルM6の5型から5.2型とサイズアップ。しかし、女性の手で持ってみると、背面のカーブ形状が手のひらにフィットすることからか、片手でも十分保持できます。

 もちろん男性なら片手持ちは余裕でできそうです。端末には筆者の中国聯通香港のSIMを入れて、海外ローミング状態でテストしています。

T8
女性でも片手で十分持てる

 今回の製品は中国版のため、プリインストールアプリにはGoogle関連のものは入っていません。その代わりに、Meitu独自のアプリストアが入っており、ここからメジャーなアプリはある程度落とせるようになっています。

 また、Meitu独自のアプリもいくつかプリインストールされています。T8は今後台湾や香港で発売予定とのことで、それらの国ではGoogleサービスに対応するとのこと。また、アイコンの形状は縦長でT8の形を模しているのがおもしろいところです。

 OSはAndroid 6.0ですが、独自のUIをかぶせた「MEIOS」を搭載しています。言語は中国語と英語のみで、残念ながら日本語は入っていません。

T8
プリインストールアプリなど。Googleサービスは無し
T8
Android上に独自UIを乗せたMEIOSを採用

 チップセットはMediaTekのHelio X20(2.3GHz、10コア)、メモリー4GB、ストレージ128GBという構成。メモリーは6GBくらい欲しいところですが、本体価格が3299元(約5万3200円)ということで、スペックからすると十分リーズナブルでしょう。ちなみに、AnTuTuのスコアは84651で、iPhone 6 Plusに相当。カメラスマートフォンとして使う分には十分でしょう。

T8
AnTuTuのスコアはiPhone 6 Plus相当

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!