2017年03月24日09時00分

ワコムとタグキャスト、カメラ装着のデジタルペンと位置情報を連携した検査システム開発

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ip

 ワコムとタグキャストは3月23日、デジタルペンに装着したカメラモジュールで撮影した写真データに、設備内に設置されたビーコンから取得した屋内位置情報を紐づけ、タブレット端末に表示した図面上に張り付けることができる検査・報告システムを開発したと発表。

 同システムは、建設現場の進捗管理、工場の設備管理や機材類の整備、スーパーマーケットなどの陳列管理など、施設・建物における設備・装置類の状態を検査・報告する際の迅速性と正確性を高め、作業効率の向上に役立てるものだという。

ip

 デジタルペンとカメラモジュールを組み合わせた専用の「InspectionPen feel by Wacom」とタブレット端末で構成されている。すでに設置されている、あるいは必要に応じて新たに設置するTAGCASTのビーコンから受信した位置情報を使って機能する。

 InspectionPen feel by Wacomは、指摘箇所をペンに装着したカメラで撮影後、その場でペンを経由してタブレットに画像を送信し、図面の該当箇所に貼り付けることができる。また、貼り付ける画像内にペンで指摘事項を書き込むこともでき、迅速かつ直感的にレポートを作成可能としている。

 またTAGCASTのビーコンから提供される位置情報は、数cm単位での位置関係、高さ(建物の何階かなど)まで読み出すことができ、GPSデータより詳細かつ実用性のある情報を提供できるという。

 ペンとタブレット端末一式の価格は16万2000円。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!