2017年03月24日09時00分

Wikoのふるさとパリを訪問してフランス版「Tommy」を買ってみた

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
フランス版「Tommy」

 約1万5000円というコスパの高いスマートフォン「Tommy」で日本に参入したWiko(ウイコウ)。フランス・マルセイユ発祥のメーカーだけあって、他社には無いカラフルなボディーカラーも大きな魅力です。

 地元フランスではシェア2位と知名度も抜群。MWC 2017の取材の後にパリに立ち寄ってみたのですが、たしかに家電量販店にはWikoのスマートフォンがずらりと並んでいました。

空港にあるFnacでSIMフリースマホを買おう

 フランスでスマートフォンやPCを買うなら、最大手のIT系量販店「Fnac」へ行くのが一番です。スマートフォンはもちろんのこと、最近流行りのドローンなどのIoT機器も販売しています。

 フランスではキャリアの販売するスマートフォンはSIMロックがかかっていますが、量販店ではSIMフリー機が売られています。Wikoのスマートフォンは100ユーロ前後、日本円ですと1万円程度で買えるSIMフリーモデルが多数そろっていることもあり、地元では人気なのです。

フランス版「Tommy」
フランスでスマートフォンを買うならFnacへ

 今回は、パリの第二の空港・オルリー空港にあるFnacへ寄ってみました。この空港からはヨーロッパ各地やフランス国内線が多数就航。朝早くから多くの旅行者で賑わっています。東京でいえば羽田空港のような存在なのです。

 そんな大きな空港にある量販店だけに、早朝は朝6時すぎから営業を開始。夜中にパリについて、翌朝にはもう出発、なんて時間の無い時でも、ここならスマートフォンを買うことができるのです。

フランス版「Tommy」
入口すぐのスマートフォンコーナーには大手メーカーの製品が並ぶ

 店内に入ると、やはり一番目立つ位置に陳列されているのがスマートフォンです。入ってすぐのエリアにはサムスンやファーウェイなど大手メーカーの製品が並びます。このあたりに並んでいる端末は、ほかの国でもよく見られるメジャーな製品ばかり。

 ハイエンド製品も多く、500ユーロ以上の高価格な製品も置かれています。飛行機に乗る前に、最新モデルをちょっと試してみる、なんてこともできるわけです。

フランス版「Tommy」
その対面にはWikoのスマートフォンが多数。選び放題だ

日本未発売モデルもズラッと並ぶも売れ筋は「Tommy」

 それら製品の対面側を見てみると、Wikoのスマートフォンがずらりと並んでいました。一番安い価格の「Sunny」は59.9ユーロ、高い製品でも「U Feel Slate」の199.9ユーロと、確かに買いやすい価格帯です。この値段ならパリ土産に1台買ってもいいかも、なんて思っちゃうかもしれません。

フランス版「Tommy」
安い製品なら59.9ユーロから買える
フランス版「Tommy」
上位モデルのU Feel Slate

 そして一番目立つ位置に陳列されていたのが、日本でも販売中の「Tommy」でした。店員さんに話を聞くと「これが一番売れているよ」とのこと。

 Wikoが日本にTommyを投入したのは、このパリでの人気を受けてのモノなのかもしれません。価格は128ユーロ(約1万5300円)、日本での販売価格もほぼ同等です。

フランス版「Tommy」
日本でも発売されたTommy。展示品はホットピンク

 展示されていたモデルはビビッドな色合いのホットピンク。男性がもっても悪くないと思わせる、落ち着きのある色合いです。日本ではこの色は出ていませんし、これは持っていたら自慢できちゃうかもと思ってさっそく買ってみることにしました。

 ところが、在庫を確認してもらうと、Wikoのコーポレートカラーであるブリーン(Breen、「Blue」と「Green」からの造語)のみしかありません。でも、この色なら最もWikoらしいですから、これを買うことにしました。

フランス版「Tommy」
残念ながらホットピンクは買えず

 ちなみに、パリではTommyはブリスターパッケージで売られていました。日本で販売されている紙の箱とは、だいぶイメージが異なりますね。でも、気軽に買える100ユーロちょっとの値段の製品なら、こんなパッケージで売るのも悪くありません。

フランス版「Tommy」
パリではブリスターパッケージで販売
フランス版「Tommy」
日本のパッケージ(右)との比較

日本版とは仕様が異なるフランス版

 パリで買ったTommyですが、外観は日本販売品と変わりませんね。プラスチックの質感をうまく出しており、価格相応ながらも安っぽさは感じられません。サブ機としてMVNOのSIMを入れてカジュアルに使いたくなる製品です。

フランス版「Tommy」
外観は当然ながら日本販売品と同等

 内部を見ると、日本語ロケールは標準搭載。ただし、技適マークはありません。対応する周波数も日本向けモデルは若干カスタマイズされているため、ハードの内部は完全に同一ではありません。

フランス版「Tommy」
日本語は標準搭載
フランス版「Tommy」
技適マークは無し。ハード内部は若干異なる

 WikoはMWC 2017でミドルハイクラスのスペックかつ高性能カメラを搭載した「WIM」を発表しています。Tommyのカジュアル感もわるくありませんが、メイン端末として普通に使えそうなWIMも日本でぜひ発売してほしいものですね。

 Wikoはこれからも日本向けにスマートフォンを数機種投入してくれるとのことなので、今後出てくる新製品にもぜひ注目したいものです。

フランス版「Tommy」
Tommyの次のモデルにも期待

山根康宏さんのオフィシャルサイト

■Amazon.co.jpで購入

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking