2017年03月23日14時00分

au、IoTでマンゴー栽培を促進する実証実験を宮古島で開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 沖縄セルラーとKDDI、スカイディスク、国立大学法人琉球大学は4月から、宮古島のマンゴー農場長北ファームにて、IoTを活用したマンゴー栽培の実証実験を開始する。IoTを活用することでマンゴーハウス内の異常気温や低温、乾燥、高湿度、日照不足、生育不足といった栽培状況を確認できるほか、LED照明による補光やCO2の局所添加でマンゴーの成長を促進・栽培期間の短縮をめざす。

20170323kddi
20170323kddi
センサーで日照不足を検知した際はLED照明による補光を実施

 マンゴーハウス内にはスカイディスクのIoTセンサーデバイス「SkyLogger」を設置。スマホで監視状況を確認できるほか、異常値を検出した際はスマホに通知する。沖縄セルラーは植物工場のノウハウを活用し、日照不足をLED照明や反射シートを使って補光するシステムの開発実験を行なう。

20170323kddi
20170323kddi
反射シートは日照を補うほか、マンゴーの色付きをよくする効果も。二酸化炭素の添加も実施
20170323kddi
スカイディスクの「SkyLogger」を利用

 KDDIはIoT向け通信技術であるLPWA(Low Power Wide Area)ネットワークのひとつ、アンライセンスバンドの920MHz帯を利用するLoRaWANのエリア化とネットワークの運用を担うほか、実証実験で取得するデータを今後のIoTサービスに活用するためのプラットフォームを構築。琉球大学はマンゴーの光合成タイミングでのCO2の局所添加によりマンゴー栽培状況の促進向上をめざす。

20170323kddi
20170323kddi

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking