2017年03月20日15時00分

良コスパ&独特のデザインなモトローラの新SIMフリー機「Moto G5」「Moto G5 Plus」をチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 昨年、国内初のデュアルSIMデュアルスタンバイ対応機「Moto G4 Plus」を、SIMフリースマホ市場に投入して存在感を示したモトローラ。その「Moto G」シリーズに早くも後継機が登場した。

 発売日は早くも3月31日という「Moto G5」「Moto G5 Plus」は、DSDSに対応するなどの高い性能を持つ一方で、同クラスのライバルに価格面でも真っ向対抗。さらにモトローラらしい独特のデザインもしっかりあるという魅力的な製品になっている。この2機種について、発表会での写真を中心にお届けしよう。

11
モトローラのミドルクラス「Moto G」シリーズの新世代モデルが登場。今回は価格にも注目だ!

「Moto G5 Plus」はSnapdragon 625に4GBメモリー
このスペックにこのデザインで3万円台半ばはお買い得!

 まずは性能が上の「Moto G5 Plus」から。税抜3万5800円という価格からもわかるようにミドル~ミドルハイのクラスにあたる。

11
ファインゴールドのカラバリの「Moto G5 Plus」。前面もゴールドだ

 まずディスプレーは、5.5型だったMoto G4 Plusから、5.2型に小型化された。画面解像度はフルHD(1080×1920ドット)。さらにSnapdragon 625(オクタコア、2GHz)、4GBメモリー、32GBストレージなど。4GBメモリー搭載は特にうれしい点。

11
11
このクラスで縁が丸まった2.5Dガラスではないのは逆に珍しい。カメラは大型センサーを採用
11
11
電源キーは手触りが違う。USB端子はmicroUSB
11
11
つづいてこちらはルナグレー。落ち着いた印象がある
11
11
背面下部には「総務省指定」の文字も

 カメラもアピールポイントの1つだ。画素数的には1200万画素だが、画素サイズが1.4μmという大型センサーの搭載で暗所での強さをアピールする。レンズのF値も1.7である。

11
端末を2回ひねってカメラを起動するという機能もある

 ネットワーク面ではau VoLTEには対応しないので、主にドコモ系SIMで利用することになる。特筆したいのは4G+3GのDSDS対応の部分が、SIMを2枚挿しながら、同時にmicroSDの追加にも対応している点。DSDSを普段使いできるという意味で貴重な存在だ。

11
11
11
nanoSIMとmicroSDの一体型トレイが本体上部にあり、3枚同時に挿せる
11
11
このようにデュアルSIMと外部ストレージを同時に認識している

 前面下部の指紋センサーも進化している。「ワンボタンナビ」の機能をオンにすると、指紋センサーのタップで「ホーム」、左にスワイプで「戻る」、右にスワイプで「最近のアプリ」、長押しでスリープの各機能が利用できる。このときナビゲーションバーを消せるので、画面を広く使いたい人にもメリットがある。

11
Moto G4 Plusなどと同じく、前面下部に指紋センサーを搭載
11
11
11
指紋センサーでの端末操作をオンにするとナビゲーションバーを消すことができる

 デザイン的にはメタル筐体を採用しながらも、最近のSIMフリースマホの主流である薄さを強調するスタイルではない時点で独自性はハッキリ。特に本体前面を囲むように配置されている金属パーツには、押し出しの強さを感じる人もいるかもしれないが、それもモトローラ端末らしい部分だ。

 CPUやカメラ、DSDS対応、プレミアム感のあるメタル筐体といった点から、ASUS「ZenFone 3」やファーウェイ「HUAWEI nova」などがライバルと考えられる。一方で価格はMoto G5 Plusの方が安価。コスパの良さという点でも光る1台と言える。

2万円台前半で指紋センサーにDSDS対応予定
この価格帯でこの機能の「Moto G5」

 一方の「Moto G5」は、Moto G5シリーズの標準モデルというよりは、Moto G5 Plusとエッセンスを共有する、より安価なバージョンという印象だ。なにしろDSDSにも対応しながら(ただし実際に利用できるのは今夏以降)、価格は税抜2万2800円なのだ。

11
つづいては2万円台前半の「Moto G5」。カラバリはMoto G5 Plusと同じ2色

 主要スペックは、フルHD解像度の5型液晶、Snapdragon 430(1.4GHz、オクタコア)、2GBメモリー、16GBストレージ、13メガカメラ(イン5メガ)、3000mAhバッテリー、Android 7.0など。本機にも前面下部に指紋センサーを搭載している。

11
11
背面の素材などは明白に違うのだがパッと見は区別がつきにくい
11
11
こちらも指紋センサーを搭載する。Moto G5は背面カバーを外すことができ、バッテリーの交換にも対応している

 背面パネルはプラスチック製になったものの、金属風の塗装がなかなか上質感を演出している。カラバリもMoto G5 Plusと共通でルナグレー、ファインゴールドの2色。狭額縁ではないため、5型にも関わらず横幅は73mmとやや大きめだが、背面は丸みを帯びており、持ちやすさには不満はない。

11
11
こちらはルナグレーのMoto G5

 Moto G5 Plusとの価格差が約1万3000円となると、どちらを買うかは少々悩んでしまうが、2万円台前半という価格で本機を選んでも十分満足できそうだ。

11
発売は間もなく!
 Moto G5 PlusMoto G5
メーカーMotorola Mobility
価格(税別)3万5800円2万2800円
ディスプレー5.2型液晶5型液晶
画面解像度1080×1920ドット
サイズ約74×150.2×7.7~9.7mm約73×144×8.7mm
重量約155g約149g
CPUSnapdragon 625
2GHz(オクタコア)
Snapdragon 430
1.4GHz(オクタコア)
メモリー4GB2GB
ストレージ32GB16GB
外部ストレージmicroSDXC(最大128GB)
OSAndroid 7.0
対応ネットワークLTE:1/3/5/7/8/19
/20/28/38/40/41
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM
LTE:1/3/5/7/8/19
/20/28/38/40
W-CDMA:1/2/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS(4G+3G)○(今夏対応予定)
無線LANIEEE802.11n(2.4+5GHz対応)
カメラ画素数リア:12メガ(F1.7)
/イン:5メガ(F2.2)
リア:13メガ(F2.0)
/イン:5メガ(F2.2)
バッテリー容量3000mAh2800mAh
指紋センサー
SIM形状nanoSIM×2
USB端子microUSB
カラバリルナグレー、ファインゴールド
発売時期3月31日

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp