2017年03月15日09時00分

Windows 10の開発環境を無料で試せる仮想マシンを入手する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
win10_238
ライセンスがないなら「Windows 10 Enterprise」の評価版をダウンロード。対応仮想OSソフトをよく確認すること

監視報告
Windows 10の開発環境を無料で試せる仮想マシンを入手する

 3月3日、マイクロソフトはWindows開発者向けの評価用仮想マシンをリリースしたと発表した。これは、VirtualBoxやVMWareといった仮想OSソフトで動作するイメージファイルで、OSや開発環境をイチからインストールすることなく使えるようにするもの。利用は無料だが、もちろんWindows 10のライセンスが付いてくるわけもない。

win10_238
仮想ソフトにインポートする

 「Windows 10 Enterprise」の評価版、ビルド201612は、有効期限が設定されており、4月8日まで試用できる。この仮想マシンには、「Windows 10 Enterprise Evaluation Version 1607」に加え、「Visual Studio 2015 Community Update 3」「Windows 開発者 SDK およびツール」「Microsoft Azure SDK for .NET」「iOS 用 Windows ブリッジ」「Windows UWP サンプル」「iOS 用 Windows ブリッジのサンプル」「Bash on Ubuntu on Windows」が含まれている。いきなり、Windows 10向けのアプリを開発する環境がテストできるというわけだ。

win10_238
普通に起動すればOK
win10_238
開発環境が揃っているので、存分に試用できる

 Windows 10 Proの英語版ライセンスを持っているなら、直接正規版をダウンロードすることもできる。この場合は、Windows 10 Pro バージョン 1607となり、上記の各種ツールもインストールされている。

 対応している仮想OSソフトは、前出のVirtualBoxとVMWareに加えて、Hyper-VちParallelsの計4種類。それぞれのダウンロードファイルが用意されているので、入手しよう。ちなみに、1つのファイルサイズは約20GBある。


これでズバッと解決!

 マイクロソフトのサイトから、Windows開発者向けの評価用仮想マシンを無料でダウンロードし、試用できる


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

56人が購入

Fire TV Stick(2015年発売モデル)

Fire TV Stick(2015年発売モデル)

Amazon

4,980円〜

39人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

11,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp