2017年03月14日16時30分

リコー、デジカメ2台を使った三次元測量「ジオショット 3Dキットシリーズ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
リコー、ジオショット
ステレオカメラアダプターに装着したRICOH G800×2

 リコーは3月14日、2台のデジカメで三次元測量するシステム「RICOH G800ジオショット3Dキット シリーズ」を発売した。

 一般的に測量では専用測量機器や3Dレーザースキャナーなど、高価な機器が必要だった。ジオショット3Dキットでは、2台のデジカメを並べてステレオ写真を撮影した後、パソコン上のソフトウェア「ジオショット3D」(エヌ・ティ・ティ・インフラネット製)を用いて画像から距離や面積、角度などの計測を可能とする。精度は、カメラからの距離5~15mで垂直水平で標準偏差±4cm以内、奥行き方向で標準偏差±6cm以内。

リコー、ジオショット
計測例

 カスタムモデルの「RICOH G800」2台、ステレオアダプターやレリーズアダプター、ケースやソフトウェアなどのセットで97万7400円。GPSレシーバー付きのセットが105万8400円。

※お詫びと訂正:表現に紛らわしい記述がありました。正しい情報に訂正してお詫びします。(2017年3月15日)

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!