2017年02月27日09時00分

OneDriveを使わないのでアンインストールしたい

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
win10_230
コルタナに「regedit」と入力して、コマンドを実行

調査依頼
OneDriveを使わないのでアンインストールしたい

 OneDriveではなく、DropboxやGoogle Driveなど、ほかのクラウドストレージサービスを使っているユーザーも多いだろう。Windows 10とは言え、別にOneDriveを使わなければいけないというわけではない。単に使わなければいいだけなのだが、Windows 10に組み込まれているのでエクスプローラには表示されてしまう。絶対使わないので、どうしてもOneDiveを消したいと言うなら、レジストリを修正する必要がある。

win10_230
「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows¥」を開き、「OneDrive」キーを作成する
win10_230
DWORD値「DisableFileSyncNGSC」を作成し値を1にする
win10_230
エクスプローラからOneDriveが消えた

 Windows 10 Proならローカルグループポリシーで設定できるのだが、Homeでは無理。そこで、両方で利用できるレジストリの修正方法を紹介する。まずは、コルタナに「regedit」と入力して、コマンドを実行する。レジストリエディタが起動したら、「HKEY_LOCAL_MACHINE¥SOFTWARE¥Policies¥Microsoft¥Windows¥」を開き、「OneDrive」キーを作成。その中にDWORD値を作成し、値の名前を「DisableFileSyncNGSC」にする。そしてその値を1に変更して再起動すればいい。OneDriveが無効になり、エクスプローラにも表示されなくなる。OneDriveのファイルは残っており、検索するとヒットするが、クリックしても何も起きない。

win10_230
コマンドプロンプトを管理者権限で実行する
win10_230
「taskkill /f /im OneDrive.exe」「%SystemRoot%¥SysWOW64¥OneDriveSetup.exe /uninstall」と入力すれば、OneDriveをアンインストールできる

 何らかの理由で、検索にもOneDriveアプリがヒットして欲しくない! という場合は、アンインストールしよう。コマンドプロンプトを管理者権限で起動し、「taskkill /f /im OneDrive.exe」と入力してOneDriveを停止させる。続いて、「%SystemRoot%¥SysWOW64¥OneDriveSetup.exe /uninstall」と入力する。Windows 10が32ビット版の場合は「%SystemRoot%¥System32¥OneDriveSetup.exe /uninstall」と入力すればいい。


これでズバッと解決!

 レジストリを修正し、「DisableFileSyncNGSC」を1にすればいい。コマンドプロンプトからアンインストールすることも可能


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking