2017年02月23日17時30分

GH5にGFX 50s……CP+ 2017で最新ミラーレス一眼をまとめてチェック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
CP+2017
「CP+ 2017」の会場であるパシフィコ横浜

 2月23日、パシフィコ横浜にてカメラ映像機器工業会が主催するカメラ総合イベント「CP+ 2017」が開幕した。会期は2月26日までで、入場料は1500円(ウェブ事前登録で無料)。

 早速、デジカメメーカー各社のブースをチェックしてきたので、本記事ではミラーレス機を中心に見ていこう。

フラッグシップ機「GH5」が大好評のパナソニックブース

CP+2017
「DMC-GH5」の体験コーナーにて

 パナソニックブースでは、先日発表されたフラッグシップミラーレス一眼「DMC-GH5」を全面的に押し出し、撮影ブースや分解モデル、パーツの展示などが行なわれていた。

CP+2017
GH5の解体モデル
CP+2017
基板や撮像素子、画像処理エンジンなども展示していた
CP+2017
撮影体験コーナーにはさまざまな製品が並んでいたが、やはりGH5が一番混んでいた

 また、手ブレ補正技術の「Dual I.S. 2」や「6Kフォト」など、同社技術の解説・実演展示なども見られた。

CP+2017
CP+2017
「6Kフォト」の作例展示。4Kタブレットで画像拡大などができるようになっていた
CP+2017
「Dual I.S. 2」の動作の仕組みを解説した模型
CP+2017
実際に従来モデルとの比較デモも行なわれていた
CP+2017
同社独自の「空間認識AF」を鉄道ジオラマで実感してもらう展示デモ
CP+2017
CP+2017
「GF9」をメインとしたセルフィー体験コーナーも用意されていた

「OM-D E-M1 Mark II」押しのオリンパスブース

CP+2017
「OM-D E-M1 Mark II」

 オリンパスブースの目玉はやはり、フラッグシップミラーレス一眼「OM-D E-M1 MarkII」だ。タッチアンドトライブースは、バスケットをする若者たちを撮るようなスタイルで、高速なAFや連写性能などをアピールしていた。

CP+2017
タッチアンドトライの被写体はバスケットをプレイする様子
CP+2017
プロキャプチャーモードでミルククラウン撮影に挑戦! 白いトレー内にミルクが入っている
CP+2017
暗所撮影体験コーナーでは、夜景のミニチュアを撮影する方法を伝授
CP+2017
長い鉄道全体にピントを合わせる、というコーナー
CP+2017
CP+2017
左は通常撮影で右はブラケットを利用した合成撮影で得られた画像

 そのほかのOM-DシリーズやPENシリーズのタッチアンドトライも見られたが、面白いのは同社カメラを使った撮影テクニック体験コーナー。ミルククラウンや鉄道(のミニチュア)、夜景などを撮る最適な設定を個別指導で解説していた。

50分の行列ができた富士フイルム「GFX 50s」

CP+2017
入口にドーンと「GFX」と書いてある富士フイルムブース

 CP+ 2017初日はタッチアンドトライで行列のできたデジカメはあまりなかったが、その中で50分待ちの行列を作っていたメーカーがあった。富士フイルムだ。

CP+2017
GFXのタッチアンドトライコーナーは50分待ち!

 お目当ては、中判ミラーレス一眼「GFX 50s」で、モデルの女の子を撮影するタッチアンドトライコーナーに長い行列ができていた。

CP+2017
CP+2017
GFX 50s

 ちなみに同ブースでは「チェキ」も大々的にアピールしており、キャラクターデザインモデルの参考展示も見られた。

CP+2017
CP+2017
「チェキ」の参考展示デザインモデル
CP+2017
フィルムも参考展示

キヤノン「EOS M6」やソニー「α」の宇宙仕様も!

CP+2017
キヤノンブースのタッチアンドトライコーナーに並んでいた「EOS M6」。キヤノンブースの様子は別記事で紹介する
CP+2017
ソニーブースにあった宇宙仕様の「α7S II」。国際宇宙ステーションの船外カメラとして設ちされているとのこと

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!