2017年02月22日13時00分

ソニーが重低音ヘッドフォンを刷新! Bluetooth&ノイキャンモデル発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソニー
「MDR-XB950N1」

 ソニーは2月22日、ヘッドフォン/イヤフォン6製品を発表した。いずれも3月11日発売予定だ。

 重低音ヘッドフォンブランド「ExtraBass」は、現在の9ラインナップから4ラインナップに集約する。

オーディオ回路内蔵の
Bluetoothヘッドフォン「MDR-XB950N1」

ヘッドフォン
MDR-XB950N1のカラバリは2色

 ExtraBassの最上位に位置するBluetoothヘッドフォンが「MDR-XB950N1」(予想実売価格 2万9000円前後)だ。デジタルノイズキャンセリング機能を搭載し、環境に合わせて3つのモードを自動で切り替えて周囲の騒音を低減する。

ソニー
ハウジング左側に「BASS EFFECT」ボタンを装備。これを押すことでスマホであらかじめ設定した音響効果が有効になる
ソニー
このように折りたたんで持ち運びができる

 また、本製品はヘッドフォン側にオーディオ処理回路を内蔵し、バーチャルヘッドフォンや重低音増強といった効果を付与できる。その操作はスマホアプリ「Sony Headphone Connect」で行なう。

ソニー
ハウジング部。40mmの大型ドライバーを搭載する

 ドライバーには40mmの振動版を採用。22時間の連続再生が可能で、有線接続での使用も可能だ。

連続30時間再生ができる
Bluetoothヘッドフォン「MDR-XB650BT」

ソニー
3色のカラバリを用意する「MDR-XB650BT」

 「MDR-XB650BT」(予想実売価格 1万8000円前後)は、30時間の連続再生が可能なBluetoothヘッドフォン。ヘッドバンドからスライダーまでを同一の金属とすることで堅牢性と快適な装着感を実現した。

ソニー
ハウジング部。30mmドライバーを採用

 ドライバーには30mmの振動板を搭載し、量感のある重低音を実現する「ベース・ブースター」という構造を採用。ドライバーユニットから鼓膜までの気密性を高め、ダクトにより振動板の動作を最適化する。

 なお、こちらは有線接続には対応しない。

スマホ対応の有線ヘッドフォン「MDR-XB550AP」

ソニー
「MDR-XB550AP」は5色のカラバリを用意
ソニー
ヘッドバンドからスタイダーにかけて同一パーツで構成
ソニー
ハウジング部。イヤーパッドが大きい

 「MDR-XB550AP」(予想実売価格 6500円前後)は、MDR-XB650BTの有線モデルと言える製品。Bluetoothには非対応だが、ケーブルの途中にリモコンがあり、スマホと接続すればハンズフリー通話も可能だ。

重低音強化型の防水イヤフォン「MDR-XB510AS」

ソニー
「MDR-XB510AS」

 「MDR-XB510AS」(予想実売価格 6500円前後)は、ExtraBassシリーズ唯一となるイヤフォン。IPX5/7相当の防水に対応し、水洗いも可能となっている。12mmのドーム型ドライバーユニットを搭載する。

スポーツ向けイヤフォンを2製品投入

ソニー
「MDR-AS410AP」
ソニー
「MDR-AS210」

 ExtraBass以外の製品としては、スポーツ向けの有線イヤフォン2製品を投入。高感度な9mmドライバーを搭載する「MDR-AS410AP」(予想実売価格 4300円前後)と、13.5mmドライバーを採用する「MDR-AS210」(同2200円前後)となる。

 どちらも防滴仕様で運動中の汗などにも対応。MDR-AS410APはスマホ用リモコンを搭載しており、ハンズフリー通話も可能だ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!