2017年02月22日09時00分

ファーウェイが発表した「nova」と「nova lite」は性能もコスパも良し!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ファーウェイ・ジャパンは21日、新製品発表会を開催し、Mateシリーズ、Pシリーズに続く新シリーズ「nova」「nova lite」を発表した。それぞれ予約を受け付けており、2月24日に発売される。製品についてのレポはすでに掲載済みなのでそちらをご覧頂きたい(関連記事)。

nova

 発表会ではファーウェイ・ジャパンのデバイスプレジデントである呉 波氏が登壇し「ファーウェイは現在世界シェアは3位だが、日本ではiPhoneやXperiaが強く、まだそこに割って入ることができない」と同社の現状を説明した。世界では戦えていても、日本ではまだ圏外なのだ。とはいえ、日本でもSIMフリースマホのニーズは高まってきており、このチャンスに普及拡大を狙っているという。

nova
ファーウェイ・ジャパン デバイスプレジデント 呉 波氏
nova
昨年はさまざまな賞を受賞したファーウェイ端末
nova
nova
若者向けということで、セルフィーをはじめとしたカメラ機能を強化
nova
nova
量販店を中心に、MVNOでも販売される

 「ファーウェイのユーザー層を見ると若者を取り込めていない」と呉氏。ビジネスマン向けハイエンドのMateシリーズ、女性をターゲットにしたPシリーズに加え、若年層向けにコンパクトで自撮り機能を充実させ、さらに値段も抑えめの「nova」シリーズを今回投入した。

 女性や若者はスマホサイズを重視する傾向が大きく、かといって画面が小さすぎるのもマイナスポイント。novaは5型ながらも左右のフレーム幅を極限まで薄くし、かなりコンパクトな印象を受ける。実際手に持ってみると4.7型くらいの感覚だった。自撮り機能にも力が入っており、スムーズな顔認証で大人の男性でもスッキリ美肌に映る。価格は3万7980円(税別)。

nova
nova

 「nova lite」はMVNO専売モデルにはなり、各社からは2万円前後の価格で発売される予定。スペック的にはnovaより控えめだが、ディスプレーサイズは5.2型と大きく、OSはAndroid 7(novaはAndroid 6)を採用し、カメラ機能ははほぼ同じ。

 呉氏はこれらの新しいシリーズで、日本のシェアを狙っていくと自信を見せた。

5型でコンパクトでハイスペック
ファーウェイ「nova」

nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova

MVNO専売だが、スペックと価格のバランス良し
ファーウェイ「nova lite」

nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova
nova

 HUAWEI novaHUAWEI nova lite
メーカーファーウェイ
ディスプレー5型液晶5.2型液晶
画面解像度1080×1920ドット1080×1920ドット
サイズ約69.1×141.2×7.1mm約72.94×147.2×7.6mm
重量約146g約147g
CPUSnapdragon 625 2GHz
(オクタコア)
Kirin 655 2.1GHz+1.7GHz
(オクタコア)
メモリー3GB3GB
ストレージ32GB16GB
外部ストレージmicroSDXC(最大128GB)
対応ネットワークLTE:1/3/5/7/8
/18/19/28/38/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
LTE:1/3/5/7/8
/19/28/40
W-CDMA:1/5/6/8/19
4バンドGSM
DSDS(4G+3G)×
キャリアアグリゲーション○(2CC)×
au VoLTE○(予定)×
無線LANIEEE802.11n
(2.4GHz対応)
IEEE802.11n
(2.4GHz対応)
OSAndroid 6.0(EMUI 4.1)Android 7.0(EMUI 5.0)
カメラ画素数リア:12メガ/イン:8メガ
バッテリー容量3020mAh3000mAh
SIM形状nanoSIM×2nanoSIM×2
カラバリミスティックシルバー、チタニウムグレー、ローズゴールドホワイト、ブラック、ゴールド

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking