2017年02月10日15時53分

DJI、空撮ドローン用の新オプション「プロペラガード」を発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
DJI Mavic用オプション
「プロペラガード」(左)と「プロペラケージ」(右)装着時

 DJI JAPANは2月10日、同社の空撮マルチコプター「DJI Mavic Pro」用のオプションとして「プロペラガード」などを発売した。

 「プロペラガード」はプロペラを保護する外周のバンパーで、周囲の安全ととものプロペラの破損を防ぐことができる。価格は2000円。「プロペラケージ」はより安全性の高いプロペラ全体を覆うカゴ状のガード。価格は2万600円。

DJI Mavic用オプション
「プロペラガード」(左)と「プロペラケージ」(右)

 なお、プロペラケージ使用には標準のものより一回り径の小さい「7728 クイックリリース折りたたみプロペラ」(1200円)が必要となる。

DJI Mavic用オプション
アームを折りたたんだMavic Proを収める「機体スリーブ」
DJI Mavic用オプション
コントローラーに装着して画面を見やすくする「送信機モニターフード」

 また、最大4個のバッテリーを一度に充電できる充電器「バッテリー充電ハブ(高機能版)」(7100円)、機体を持ち運ぶ際のソフトケース「機体スリーブ」(900円)、コントローラーにスマホ/タブレットを装着した際に屋外でも画面を見やすくする「送信機モニターフード」(2484円)などもラインナップした。プロペラガードのみ後日発売で、すでに販売を開始している。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!