2017年02月08日18時15分

Jリーグ全試合中継で話題のDAZNがドコモに来た! 月980円で利用可能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 NTTドコモは、スポーツ中継のネット配信サービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を展開する英Perform Groupとの協力により、新サービス「DAZN for docomo」を2月15日にスタートする。

11
Jリーグ全試合を放送するなど、昨年から話題のスポーツのネット配信サービス「DAZN」がドコモから提供される

 DAZN for docomoは、昨秋から展開されているDAZNのサービスと基本的には同内容。

 コンテンツでは、サッカーのJリーグ全試合(J2、J3を含む)、ブンデスリーガ、バレーボール(Vリーグ)など、130シリーズ以上、年間6000試合以上のスポーツ中継を含んでおり、ドコモのスマートフォンはもちろん、タブレット、PC、スマートテレビ、Amazon FireTV、Xbox Oneなどで試聴可能。さらに今後はPS3/PS4、Chromecast、ひかりTV、ネイティブのiOSアプリも提供予定となっている。

11
11
DAZN for docomoでもマルチデバイスでの利用はもちろん可能。PS3/PS4にも間もなく対応する
11
11
DAZNのトップは国内での好調をアピール

 一方注目したいのは料金。オリジナルのDAZNのサービスは、日本国内では税抜月1750円で提供されているが、ドコモユーザーであれば税抜月980円で利用可能。さらにdTVのユーザーの場合、月200円が割り引かれる。

11
一番の話題はやはり料金。もちろん携帯料金とのまとめ払いも可能

 なお、dTVやdアニメストアといったサービスは、dアカウントを持っているユーザーなら、キャリアは関係なく、同じ料金で利用できるオープンなサービスだが、DAZN for docomoが月980円になるのは、あくまでドコモユーザーのみとなる(ドコモユーザー以外もDAZN for docomoの契約自体は可能で料金は月1750円。dTVとのセットでの200円割引も適用される)。

11
ラインナップの一覧はドコモのサイトでも公開されている。ただし、DAZNはサービス開始当初に放送予定としていたコンテンツが、その後リストから消えたことなどもあり、信頼性のある情報発信を期待したいところ

 元々のDAZNより大幅に料金が安価になるなど、ビジネスモデル面も気になるところだが、NTTドコモ 代表取締役社長の吉澤和弘氏によると、あくまで月980円の範囲内でレベニューシェアをしているとのこと。また目標については、100万契約はできるだけ早い時期に到達したいとした。

 発表会後半にはJリーグやVリーグのトップのほか、現役選手、OBなどが登壇して、DAZN for docomoへの期待を語った。現在は日本サッカー協会の理事でもある元Jリーガーの北澤 豪氏は「子供にも入りやすい価格」とサッカー普及への貢献に期待したあと、「980円でも入れてくれない親がいたら僕に相談ください(笑)」との冗談で場内を沸かせた。

11

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!