2017年02月08日11時00分

日本専用仕様! エプソンがエコタンク複合機フラッグシップを発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
エプソン
「EW-M770T」

 セイコーエプソンは2月8日、同社エコタンク搭載モデルのフラッグシップ機となる「EW-M770T」を発表した。3月2日発売予定で、予想実売価格(税抜)は6万円台後半となる。

 エコタンクは、インクカートリッジ式ではなく、別売のインクボトルから本体のタンクにインクを注ぐ方式のインクジェットプリンター/複合機。

 これまで、エコタンク搭載モデルは海外仕様のものを日本でも展開していたが、EW-M770Tは日本オリジナル設計の製品となる。

エプソン
インクタンクの注入口がカラーによって異なる
エプソン
インクはこのように注入する

 新機種ではインクタンクの注入口の形状を工夫し、特定のカラーのインクボトルしか差し込めない仕様になった。これにより、インクを間違えて入れることを防止する。

 また、従来モデルは側面からインクタンクにアクセスする形だったが、EW-M770Tは前方からインクタンクを引き出せるようになった。給紙トレー(2サイズ対応。手差し給紙は背面)や操作パネルも前面にあるため、ほとんどの操作がフロントアクセスで済ませられる。

エプソン
前面から給紙が可能

 さらに、印字ヘッドのケーブルを側面ではなく下方に逃がすように構造を見直した結果、ボディーの横幅を縮小。従来機(EW-M660FT)と比較して設置面積が18%ほど削減できたという。

エプソン
専用のインクボトル

 染料の4色インク(シアン、マゼンダ、イエロー、ブラック)に加えて、顔料のブラックインクも使うことで、文書から写真まで、高いクオリティーで印刷可能。なお、注入口の仕様が変更されたため、インクタンクも新しいものを用意する必要がある(予想実売価格は、染料インクが各1200円前後、顔料インクが2400円前後)。

エプソン
エプソン
クリーニング時や印刷時に排出される廃インクをためられる、交換式のメンテナンスボックスが付属する

 印刷機能としては、自動両面印刷やディスクレーベル印刷に対応。有線/無線LANに対応しており、Wi-Fi Direct接続も可能だ。

 税抜のランニングコストは、カラー1.3円、モノクロ0.5円で、印刷可能枚数はカラーで5000枚、モノクロで8000枚となる。

 

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!