2017年02月06日15時16分

ナーブ、独自技術のVRによる接客端末『CREWL(クルール)』の量産を開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 VRによる新しいライフスタイルを提案するナーブは、急拡大する接客でのVR活用ニーズに応えて、VR接客端末「CREWL」の量産を開始した。

VR 1
CREWL

 VR元年と呼ばれた2016年、多様なジャンルでのVRの展開に注目が集まり、中でもVRを店頭などでの接客ツールとして活用するニーズが急拡大している。

 そうした状況を受け、VR技術を接客や売買といったビジネスシーンで活用するサービスを展開するナーブは、自社で研究開発したVRによる接客端末「CREWL」の量産を開始したとのこと。

 「CREWL」は、老若男女問わず、手軽に使いやすい普及モデルとして設計されたVR端末で、不動産業界を中心に導入が進んでいる。

 量産はジェネシスホールディングス中国工場が担当しているとのことだ。

 CREWLの特徴は、まず、店舗接客シーンを想定した特許技術による独自の機構を搭載しているところだ。

 接客前の店舗カウンター据え置き時には、デジタルサイネージとして映像を表示しつつ、画面部分をくるっと裏返すと、メガネの使用も可能なVR端末になるという面白い仕組みを採用している。

 従来のVR端末では、利用しない間はほかのことに使えず邪魔となり、店舗の奥にしまわれがちだ。そうした問題を「CREWL」は解消している。

VR 1
CREWLのこの技術は現在特許権と意匠権を申請中だ。

 そのほかにも、プロダクトデザインを、空気清浄機や加湿器などに先進的なデザインを提案しているカドーデザインが担当しているほか、オリジナル国産非球面レンズの採用、そして、不動産事業者向けサービス「VR内見」の提供といった特徴がある。

 ディスプレイがくるっと回ってVR端末に変身する「CREWL」、今後街でよく見かけることになるのか注目だ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!