2017年02月06日09時00分

Windows10でゲームのプレイ画面を配信する方法を教えて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
win10_222
「設定」に「ゲーム」が追加された

調査依頼
ゲームのプレイ画面をネットで配信したい!

 1月27日、Windows 10 Insider Previewビルド15019がリリースされ、ゲームに関連する機能が大幅に強化された。その中のひとつに、配信機能もあるのでまとめて報告する。

 まず「設定」に「ゲーム」という項目が追加され、計12個の項目となった。同時に「ホログラフィック」は「Mixed Reality」という名称に変わっている。

win10_222
「ゲーム」の「Game Bar」で、ゲームバーのオンオフや、ショートカットを設定できる
win10_222
「ゲームDVR」ではキャプチャの保存先や最大記録時間などの設定を行う

 「ゲーム」の中には4つの設定があり、「Game Bar」では、ゲームの録音や画面キャプチャを行うかどうかや、ショートカットの変更などが可能。「ゲームDVR」ではゲームをキャプチャする方法を設定、「ブロードキャスト」では配信の設定、「ゲームモード」ではゲームモードのオンオフ設定ができる。ゲームモードは、ゲームをプレイする際にパフォーマンスを向上させ、スムーズに楽しめるようにする機能だが、今のところは詳細は不明で、動作の効果も体感できない。

win10_222
「ブロードキャスト」で、音質や音量、カメラのオンオフなどを設定する
win10_222
ゲームモードのオンオフを行う
win10_222
ゲームを起動し、ゲームバーから配信をクリック

 ゲームを起動したら、「Win+G」キーを押してゲームバーを表示し、「配信」をクリック。Xboxアカウントでサインインし、配信を開始すればいい。配信には「Beam」が採用され、配信中の映像は「Beam」のサイトで閲覧できる。

win10_222
配信設定を確認し、「配信を開始」をクリックする
win10_222
別のPCから「Beam」のサイトで配信を閲覧しているところ

 ゲームバーが対応するフルスクリーンゲームタイトルは現在のところ「Battlefield 3」「Call of Duty: Black Ops 2」「Call of Duty: Black Ops 2 ? Zombies」「FIFA 14」「FIFA 17」「FIFA Manager 14」「Grim Dawn」「Guild Wars 2」「Left 4 Dead 2」「MapleStory」「Paragon」「Payday 2」「Rocket League」「The Elder Scrolls Online」「The Sims 4」「Tom Clancy’s Rainbow Six Siege」「Warface」の17種類となる。


これでズバッと解決!

 「Win+G」キー→「配信」→「配信を開始」で、「Beam」を使ったゲーム画面の配信が可能になった


 Windows 10探偵団は毎週、月・水・日に更新します。お楽しみに!


関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!