2017年02月06日06時30分

どうなるCeBIT 2017? 日本をパートナーカントリーに迎えてプレビューイベントが開催

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 2017年は、日本がパートナーカントリーとして選ばれた世界最大級のITビジネス見本市“CeBIT”。開催される3月にはいったいどのような企業が出展するのか、ハノーバーで2017年1月25日に開催されたプレビューイベントに備えて、ドイツに飛びました。

CeBIT 2017
ハノーバー国際見本市会場。1月の欧州は歴史的な寒波に見舞われたが、当日は雪は降らなかった
CeBIT 2017
2016年と同じような雰囲気で開催されたが、2017年は日本がパートナーカントリーである点が大きく異なる

ハノーバー見本市会場は「JAPAN」歓迎ムード

 プレビューの会場はCeBIT本番と同じハノーバー国際見本市会場。ここでは多数の“Japan”の文字が並び、パートナーカントリーである日本を歓迎するムードが漂っていました。

CeBIT 2017
宮島の大鳥居や五重塔、ガンダム、新宿歌舞伎町など日本を意識したポスターが並んだ

 プレスカンファレンスには、ドイツメッセのオリバー・フレーゼ理事が登壇。2017年のメインテーマは“d!conomy – no limits”で、今年も社会や経済のデジタル化を展示会の中心に据えます。注目分野としてはドローンや自動運転、IoT、VRを挙げました。

CeBIT 2017
ドイツメッセでCeBITを統括する理事のオリバー・フレーゼ氏
CeBIT 2017
スイスで実際に走っている自動運転バス『SmartShuttle』も体験できる

 毎年CeBITの一部として開催されるスタートアップイベント“SCALE11”は、今年は40ヵ国から400社のスタートアップが出展予定。その中にはドイツ鉄道やフォルクスワーゲン、マスターカードなど大企業が支援するスタートアップも含まれるとのこと。

CeBIT 2017
スタートアップイベント“SCALE11”が今年も開催

 パートナーカントリーである日本については、ドイツとの関係がさらに強化されることへの期待を語り、会期前日のオープニングイベント“Welcome Night”に安倍晋三首相が登壇予定であることを改めて強調しました。

CeBIT 2017
オープニングイベントでは、安倍首相がメルケル首相とともに登壇予定
CeBIT 2017
今後は『Pepper』のような人型ロボットが、より大きな役割を担っていくと予測した

 ジャパンパビリオンを統括するジェトロ・ベルリン事務所の増田仁所長によれば、日本企業の出展は当初の予定を上回る規模になったとのこと。半数近くを占める中小企業の中には、海外市場に向けて初めて出展する企業も含まれています。なお、出展者リストの詳細はジェトロのサイトで公開(関連サイト・PDF)されています。

CeBIT 2017
駐ドイツ大使の八木氏がドイツ語で講演。日本とドイツのパートナーシップ強化に期待を寄せた
CeBIT 2017
ジェトロ・ベルリンの増田所長。出展者や展示面積は当初計画していたボリュームを上回ったという

 日本からのプレビュー参加者としては、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とフェニックスソリューションがRFIDタグを、ワークスアプリケーションズがAIを利用した基幹システム(ERP)を欧州市場向けに出展しました。

CeBIT 2017
2分間のエレベーターピッチでは、NEDOとフェニックスソリューションは革新的なRFIDタグを実演した
CeBIT 2017
ワークスアプリケーションズはAIを利用した基幹システムを欧州市場に向けて出展する

3月20日から、いよいよCeBIT 2017が開幕

 3月20日からのCeBIT 2017では多くの日本企業が出展し、かつてない盛り上がりが期待できそうです。

CeBIT 2017
3月のCeBIT 2017では、日本からの出展がかつてない規模になるようです

 昨年はスイス、その前は中国など、毎年1ヵ国を選ぶパートナーカントリー制度により、多くの企業が欧州市場に進出するきっかけをつかんでいます。主催者側は、この制度を足がかりに翌年以降も継続的に出展してもらいたいという思惑があります。

 一方で、ジャパンパビリオンに日本企業が集まると、ドイツ企業が中心のCeBITの中で浮いてしまうのではないか、という懸念があるのも事実。欧州をはじめとする世界各国からの来場者に、いかにして日本に興味を持ってもらうか、本番に向けての課題になりそうです。

■関連サイト
CeBIT 2017

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!