2017年02月03日15時11分

Adobe、テクニカルコンテンツ開発ツール最新版リリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
Adobe

 アドビシステムズは2月1日、テクニカルコンテンツ開発ツールキットの最新版「Adobe Technical Communication Suite(2017 release)」を発表した。

 最新版ではツール群を使用して、世界中のユーザーを対象に、標準に準拠した多言語のコンテンツを作成、管理、パブリッシュできるという。

 マルチチャネルのパブリッシングツールキットの最新版によって、ユーザーがどんなデバイスを使っていても、見つけやすいソーシャルメディアに対応したコンテンツを提供できることをうたう。

 Adobe FrameMaker (2017 release)では、オーサリングのエクスペリエンスが一新され、HDディスプレーのサポート、新しいプロジェクトマネージャー、配列しなおしたメニュー、改良されたXML/DITAおよびダイナミックコンテンツパーソナライゼーション機能、マルチチャネルパブリッシング機能を追加。

 Adobe RoboHelp(2017 release)では、Responsive HTML5レイアウトによるナビゲーションの向上、コンテンツの動的なフィルタリングによるヘルプ表示、オートコンプリート検索機能など実現したという。

 さらに、コンテンツ管理システムであるXML Documentation Add-on for Adobe Experience Managerのメジャーアップデートも発表。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!