2017年01月31日16時02分

Gmaiでの.js形式の添付ファイルが2月13日からブロック対象に

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
10

 グーグルは2月13日から、セキュリティー上の理由からGmaiでの.jsファイルの添付をブロック対象にすることを明らかにした。

 2月13日以降からは.jsファイルの添付は拒否され、その理由を示す警告が表示されるようになる。正当な理由で.jsファイルを送信する必要がある場合は、Googleドライブや Google Cloud Storageなどのストレージ ソリューションを使用してファイルを共有・送信することをすすめている。

 Gmailでは、実行ファイルや特定のリンクが埋め込まれているメールなど、ウィルスを拡散させる可能性があるメールはGmailでブロックする仕様になっている。受信メールの場合、送信者はメールがブロックされた理由を説明する返送メールが送られる。添付できないファイル形式は以下のとおりだ。

.ade、.adp、.bat、.chm、.cmd、.com、.cpl、.exe、.hta、.ins、.isp、.jar、
.js、.jse、.lib、.lnk、.mde、.msc、.msi、.msp、.mst、.pif、.scr、.sct、
.shb、.sys、.vb、.vbe、.vbs、.vxd、.wsc、.wsf、.wsh

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking