2017年01月20日13時16分

あったかプリンがトロ~ン!ミニストップの「プリンまん」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
プリンまん
ええっ!? プリンが入った中華まん?

 ミニストップは「まるごとプリンまん」を1月20日から順次発売スタート(全国発売は1月27日)。プリンをイメージした生地のなかにプリンがまるごと入った、プリン好きにはたまらないスイーツまんです。108円。

プリンがまるごと入ったプリンまん

プリンまん
ミニストップ「まるごとプリンまん」(108円)。

 まるごとプリンまんは冷凍したプリンを文字通り“まるごと”手作業で生地にくるんだ、寒い季節にぴったりの甘くて温かな中華まん。

プリンまん
プリンが“まるごと”入っています。

 全体的に黄色で上部はちょこんとキャラメル色。見た目からして“プリン”な生地の茶色の部分は、実際にキャラメルを使用しているとのこと。

 サイズは通常の中華まんより小ぶり。スイーツなので、食後でも気軽に食べられるくらいのボリュームに収めているとのこと。価格も、他の中華まんに比べて手ごろな108円。昨年11月に登場した「ベルギーチョコまん」に続く100円スイーツまんの流れです。

プリンまん
サイズは小さめです。

 気になるエネルギーは174kcal。甘いので高カロリーなのでは……、と予想していたらミニストップの「肉まん」(128円)が245kcalなのでそれより少ない。サイズが小さいため、通常の中華まんよりカロリー自体は低いのですね。

想像以上にビターだった

 中華まんにスイーツを入れたという意表をついたプリンまん。いったいどんな味でしょうか? 記者は発表会で試食してきました。

プリンまん
カラメルとカスタードプティングが二層に。

 中を割ってみると、ポップのイメージ図のようにプリンのように形が残っているわけではありません。ぐにょっと。

 注目すべきは、カラメルとカスタードの部分が二層になっているところ。プリン味の餡を詰めたわけではなく、カラメルが乗ったプリンをまるごとくるんだため、このように二層になっているのですね。

 いただきます!

 おおっ! ビター。

ミニストップ
大人な味わいでした。

 カラメルのビターさが味の第一印象。カスタードプティングのほどよい甘さもあるのですが、全体的にほろ苦いです。想像していた以上に大人の味でした

 生地は厚みがあって硬め。しっかりプリンの味わいを受け止めています。プリンもとろけるくらい柔らかいわけではないので、食感しっかりに食べられますよ。

 サイズ感もちょうどよく、ほろ苦のプリンの味わいと食感を楽しんでいるうちに、あっという間に食べてしまいました。

 まるごとプリンまんは開発に1年以上かかった自信作とのこと。確かに、ただユニークな商品というわけではなく、ほろ苦い甘さと、しっかりした食感、ボリューム感と、大人が食べても納得いく完成度の高い仕上がりになっています。私が命名するなら“大人のプリンまん”。仕事で疲れて、ちょっと甘いものを欲した時にちょうどいいでしょう。

自分で仕上げる「チョコバナナソフト」

プリンまん
「チョコバナナソフト」(250円)も発売。

 新しいソフトクリーム「チョコバナナソフト」も1月20日から順次発売(全国発売は1月27日)。250円で、エネルギーは235kcal。

プリンまん
特徴は、“チョコソース”。

 最近ではバナナスイーツが人気を集めていますが、ミニストップでも新たにバナナソフトを打ち出してきました。コスタリカ産の完熟バナナを使用し、上品な甘みと濃厚でコクある“バナナソフト”を作り出しています。

 一番の特徴は、“チョコソース”を自分でかけて仕上げるところ。バナナソフトと別途、チョコソースをもらえるので自分で好きなようにかけて食べられます。チョコは冷えて硬くなるので、ミニストップのソフトクリームにはこれまでなかった、パリパリ食感を楽しめるとのこと。

プリンまん
別途もらえる“チョコソース。”
プリンまん
自分で自由にかけて食べられます。

 最初はバナナソフトのまま食べて、途中からチョコソースをかけて味わいを変化させたり、自分ならではのアレンジができるのがポイントですね。

 今までにない自分で仕上げるソフトクリーム。記者も試してみたので動画でご覧ください。まるごとプリンまんの動画レビューも一緒に収録しています。

 チョコソースをかける作業が童心にかえれて楽しいです。チョコソースは想像以上に多かったので、ソフトを食べてチョコをかけてと、繰り返しかけていくといいのではないでしょうか。

 チョコソースをかけない「完熟バナナソフト」、「完熟バナナミックスソフト」(各220円)も同時に発売されますよ。冬は、気温こそ寒いですが暖房で乾燥しているため、ふいにアイスやソフトクリームを食べたくなる人は意外に多いとききます。ミニストップの暖かいイートインスペースでいかがでしょう。

プリンまん
暖かい室内でソフトクリーム食べたくなるbyナベコ

■関連サイト


ナベコ

ツインテール

寅年生まれ、肉食女子。特技は酒癖が悪いことで、のび太君同様どこでも寝られる。30歳になったので写経を体験したい。Facebookやってます!

人気の記事:
酒好き必訪!超コスパの神楽坂「塩梅」の日本酒飲み放題」「串カツ田中が100円均一なので、一番高い串を食べてきた」「アラサーが女子大生にまんまと成りすませるか試してみた」「“噂のダイソー100円ワインを飲んでみた

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking