2017年01月19日18時46分

富士フイルム、独自開発センサーを搭載したミラーレス機「X-T20」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
富士フイルム、X-T20
「FUJIFILM X-T20」

 富士フイルムは1月19日、ミラーレスデジカメ「Xシリーズ」の最新モデルとして新開発2430万画素センサーを搭載した「FUJIFILM X-T20」を発表。2月下旬に発売する。

 独自開発の2430万画素APS-Cサイズ「X-Trans CMOS III」を採用、レンズマウントはFUJIFILM Xマウント。背面にはチルト式の3型液晶ディスプレーとEVFを搭載する。新たにAF測距点を従来の49点から91点(最大325点)まで大幅に拡大したほか、4K動画撮影機能と搭載してダイヤルには動画ポジションも搭載)。

富士フイルム、X-T20
ボディカラーとして「シルバー」(上)と「ブラック」(下)が用意される

 本体サイズはおよそ幅118.4×奥行き41.4×高さ82.8mm、重量は約383g(バッテリー/SDカード含む)。価格はオープンプラス。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking