2017年01月19日17時30分

6万円台のデスクトップPCが第7世代Core i5採用でスゴイ実力を発揮

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

第7世代Core i5搭載で動画変換が爆速

iH440SN
LUV MACHINES iH440SNは最新の第7世代Core i5-7400を早くも採用しながら直販価格6万7800円(税別)というお買い得価格を実現。液晶は別売り

 マウスコンピューターのデスクトップPC「LUV MACHINES iH440SN」はCPUに今年発売されたばかりの第7世代コアプロセッサー“Core i5-7400”を採用し、税別6万7800円とお買い得価格。第7世代CPUは従来のCPUよりも内蔵GPUの動画再生・変換機能(QSV)や省電力性能を強化したものだ。

「LUV MACHINES iH440SN」の主なスペック
CPUCore i5-7400(4コア/4スレッド、3~3.5GHz
メモリー8GB(PC19200 DDR4 8GB×1)
ストレージ1TB HDD
インターフェースD-sub15ピン、DVI-D、DisplayPort、USB3.0×2、USB2.0×4、ギガビットLANほか
サイズ/重量170(W)×403(D)×360(H)mm/約6.7kg
OSWindows10 Home(64ビット)

ジサトラ的オススメなBTO

iH440SN
LUV MACHINES iH440SNと組み合わせるのに最高にオススメな周辺機器は4K液晶だ。BTOメニューから選択できるProLite GB2888UHSU(BTO価格+税別5万3900円)は4K 60Hz出力に対応する28インチ液晶。YouTubeの4K動画も等倍で鑑賞できるだけでなく、GUIスケーリングを利用すれば文字表示も各段に見やすくなる!

YouTubeの4K動画もCPU負荷ほぼゼロで滑らか再生

iH440SN
iH440SN
Core i5-7400の内蔵GPUはYouTubeにアップされている4K動画もCPUにほとんど負担をかけずに処理。4Kドット等倍で鑑賞してもコマ落ちもほぼゼロで、快適に視聴できる
iH440SN
4K液晶はDisplayPortに接続すると、リフレッシュレート60Hzで出力できる。DVIやD-sub15ピンを併用しマルチディスプレー環境も構築可能だ

 特に本機をオススメしたいのは6~7年落ちのPCユーザーだ。この世代のPCはフルHDはOKでも4K出力に対応していなかったり、動画再生支援機能が弱いため高画質なストリーミング動画を再生するとパワー不足からコマ落ちが発生することがある。

H.265の変換は旧世代i7より高速!

iH440SN
最新Core i5は動画変換も高速。特にH.265の処理はQSVを使えば超爆速、CPUだけで処理しても6年前のCore i7より速いのは驚き

内蔵GPUは軽めのゲームにもOK

iH440SN
『PSO2』公式ベンチで内蔵GPU性能をテスト。画質設定”3“でも720pなら6年前のPCでは40fpsのところ平均60fps弱でプレイできる

 だが本機ならYouTubeの4K動画鑑賞時でもCPU負荷は少ない。さらに旧世代CPUでは長時間かかるH.265変換処理も内蔵GPUのおかげで超短時間で終わるなど、6年前のCore i7よも快適度は高い。高価なグラボなしで4K出力や動画鑑賞ができる環境を揃えたい人に特にオススメしたい。

【検証方法】動画変換:『TMPGEnc Video Mastering Works 6 』を利用し、再生時間3分のAVCHD動画をMP4形式に変換する時間を比較(VBR、1パス)。 グラフィック性能:『PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4』を利用。画質“3”に設定し、スコアーを比較。 【比較用環境】CPU:Core i7-2600K、マザーボード:ASUS『P8Z68-MPRO』、メモリー:4GB×2(DDR3 PC12800)、グラフィック:Intel HD Graphics 3000、ストレージ:240GB SSD、OS:Windows 10 Pro(64ビット)

●関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking