2017年01月18日09時00分

ZTEの折りたたみ型ガラホ「CYMBAL-T」は日本でも発売してほしい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
CYMBAL-T

 最近はガラケー(フィーチャーフォン)スタイルの折りたたみ型スマートフォン、いわゆる「ガラホ」の種類が少しずつ増えています。

 海外ではLGの製品が有名ですが、ZTEもアメリカ向けに製品を投入しています。今回はCES 2017取材時にニューヨークでその製品を買ってみました。

 ZTEのガラホの名前は「CYMBAL-T」。実はアメリカではまだまだフィーチャーフォン人気が高く、折りたたみスタイルの携帯電話をサムスンやアルカテルが販売しています。

 ZTEも「CYMBAL」ブランドで折りたたみケータイを販売しているのですが、今回紹介する「CYMBAL-T」はAndroid OSを搭載したスマートフォン。もちろん携帯電話からスマートフォンへの乗り換えを狙った製品です。アメリカではMVNOキャリアのTracFoneが販売していました。

CYMBAL-T
TracFoneが販売するZTE「CYMBAL-T」

 価格は100ドル前後ですが、クリスマスシーズンだったためか、49ドル台と約半額に。SIMロックがあるとはいえ、この値段でプリペイドでスマートフォンが買えるなんてうれしいものです。

 スペックは後述するように低いものの、このスタイルの端末ならば気にならずに楽しめるのではないでしょうか。

CYMBAL-T
折りたたみ携帯電話の形状そのものな「CYMBAL-T」

 ディスプレーは3.5型320x480ドット解像度。ひと昔前のスマートフォンと思えば十分な性能かも。チップセットはSnapdragon 210(1/1GHz、クアッドコア)。メモリーは1GB、ストレージは8GB。カメラは背面が500万画素、正面が200万画素。

 とはいえ、CYMBAL-Tはスペックで買う製品ではありません。いつでもポケットに入れておき、使いたい時だけ開いてサッと利用する。メインのスマートフォンとしてバリバリ使う製品ではなく、むしろ渡米時にこれを2台目のケータイとして持っていればかなり便利でしょう。

CYMBAL-T
スペックはガラホと考えれば十分妥当

 キーボードは10キーで、カメラとメールのショートカットボタンに加え、カスタマイズ可能な星のアイコンのキーも備えます。そして、一番上にはAndroid標準の「ホーム」「戻る」「タスク切り替え」キーも搭載。キートップは盛り上がりの有る押しやすい形状で、長文入力もラクにこなせそう。

CYMBAL-T
ショートカットキーも備えるキーボード

 本体表面はすべり止めも兼ねた細かいドット状の加工のされた仕上げになっていて、にぎり心地も悪くありません。ヒンジの下にストラップホールもあるので、落とすのが心配な人はストラップを付けるのもいいでしょう。

 側面のフレームはメタリック塗装の樹脂製。さすがに金属ボディーではありませんが、安っぽさは感じられません。なお、電池カバーを取り外して電池交換やmicroSIM、micro SDカードの取り付けが可能です。

CYMBAL-T
すべり止め加工された本体。電池カバーは取り外し可能

 本体サイズは閉じた状態で120×60×18ミリ。3.5型のスマートフォンをやや大きくした、といったサイズ。折りたたみ型端末としてはやや大きいかもしれませんが、中身がスマートフォンであることを考えると悪くないかな、と思えます。

CYMBAL-T
サイズは若干大きめ

 本体を開いて電源を入れれば、10キーを備えたAndroidスマートフォンとして使えます。もちろん、画面はタッチパネルなので、ディスプレー側だけを指先でタッチして操作することも可能。

CYMBAL-T
折りたたみ型スマホとしての操作性も悪くない

 Androidスマートフォン同様に、電源キーと音量の下キーの同時押しでスクリーンショットも撮れます。

 内蔵アプリはAndoridとしては一般的。TracFoneの純正で、自分のプリペイドアカウントにアクセスして残高を確認できるアプリなどもプリンストールされています。

 なお、Google日本語入力をインストールしても10キーからの日本語入力はできず。このあたりはぜひ対応してほしいところです。

CYMBAL-T
スクリーンショットを撮ることも可能。ホーム画面やプリインストールアプリは一般的

 折りたたみであるだけでこれといった特徴のないエントリーモデルかもしれませんが、通話メインに使うとか、カバンの中に入れてルーター代わりに使う、なんて利用方法もできるでしょう。

 コストも低い製品だけに、これはぜひとも日本に投入してほしいところ。ZTEは日本向けに数多くのスマートフォンを販売していますが、このCYMBAL-Tも仲間に加えてほしいと思います。

CYMBAL-T
やはり日本で発売してほしい

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp