2017年01月13日21時32分

ニンテンドースイッチの要はコントローラー「Joy-Con」、プレゼンテーション 2017で詳細発表!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
switch
「Nintendo Switch」のプレゼンテーションが開催

 任天堂は1月13日、新型ビデオゲーム機「Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)」(関連記事)のプレゼンテーション「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」を実施した。

Nintendo Switchは3月3日発売!
希望小売価格は2万9980円(税別)

switch
Nintendo Switchは3月3日に発売!

 プレゼンテーションでは、君島 達己社長が登壇し、「Nintendo Switchは、テレビゲームのプレースタイルを多様化させる新しい家庭用据え置き型ゲームです。本日のプレゼンテーションでは、ハードとソフトについて具体的に紹介します」と挨拶した。続けて、Nintendo Switchの希望小売価格は2万9980円(税別)で、3月3日に発売すると発表した。

switch
君島 達己社長が登壇
switch
Nintendo Switchの希望小売価格は2万9980円(税別)

 またオンラインサービスは、専用のスマートデバイスアプリと連携することで、友達とボイスチャットなどのコミュニケーションが可能になるという。発売後は無料で利用でき、2017年秋ごろに有料化するとのこと。そのほか、ゲームの起動規制を地域単位で設けるリージョンロックについては、原則としてかけないということも発表した。

switch
ソフト開発責任者の高橋 伸也氏が登壇

 続いて、任天堂のソフト開発責任者の高橋 伸也氏が登壇。高橋氏は「Nintendo Switchは、これまで任天堂が提供してきた数々のゲーム機の娯楽のDNAをしっかりと受け継ぎすべてを詰め込みました」と挨拶。Joy-Conの紹介や、USB Type-Cを備えていること、画面はタッチパネルを採用している点、Wi-Fi接続によるオンライン対戦、最大8台のローカルプレーが可能な点などを説明した。

switch
switch
過去に登場したゲーム機の娯楽のDNAを受け継いでいるという
switch
switch
TVモード
switch
switch
携帯モード
switch
switch
テーブルモード
switch
バッテリーは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」で約3時間
switch
USB Type-Cで充電
switch
Wi-Fiで通信対戦が可能
switch
最大8台までのローカルプレーもできる

Nintendo Switchの要はJoy-Con

switch
Joy-Con

 Nintendo Switchの総合プロデューサーの小泉 歓晃氏も登壇。小泉氏は「ゲームにとってコントローラーってとっても大切ですよね。今からNintendo Switchのコントローラー『Joy-Con』について説明します」と挨拶した。

switch
小泉 歓晃氏も登壇

 小泉氏によると、Joy-Conには「Joy-Con(L)」と「Joy-Con(R)」があり、それぞれ押し込み入力が可能なアナログスティックがついている。また、ゲーム画面を静止画撮影するキャプチャーボタンも備え、将来的には動画撮影も可能だという。加速度センサーやジャイロセンサーを内蔵しているので、モーションコントロールを使った操作もできる。両方のJoy-ConにLRボタンを搭載し、1つ1つのコントローラーとして使用することができる「おすそわけプレー」も可能だ。

switch
switch
両方のJoy-ConにLRボタンを搭載

 さらに、LRボタン付きの「Joy-Conストラップ」が付属するほか、近くのモノとの距離や形状・動きを認識する「モーションIRカメラ」や、コントローラーを持った手に振動を与えて多彩な表現力を実現した「HD振動」などのシステムも搭載している。HD振動では「コップに入れる氷の感触も1つ1つ伝わる」という。

switch
switch
LRボタン付きの「Joy-Conストラップ」が付属
switch
switch
近くのモノとの距離や形状・動きを認識する「モーションIRカメラ」
switch
コントローラーを持った手に振動を与えて多彩な表現力を実現した「HD振動」

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking