2017年01月06日18時18分

世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim」実機をCESで展示

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 コネクテッド・ハードウェアの企画・開発を手掛けるCerevoは、世界初の触感センサー搭載VRシューズ&グローブ「Taclim(タクリム)」を開発し、米国時間1月3日に開催された「CES Unveiled」ならびに1月5日から開催されている「CES 2017」で開発中の実機を展示する。

 発売は2017年秋頃、価格は10万~15万円程度を予定しているとのことだ。

10
VR入出力デバイス Taclim

 Taclimは、左右それぞれのグローブ部と、靴のように装着するシューズ部がセットになった、入出力対応のVRデバイス。

 日本電産セイミツとの協業で、Taclim用にカスタマイズした、振動の種類を自在に変更できる最新鋭のタクタイル・デバイスを合計8つ搭載。VRでの映像や音楽にあわせてシューズとグローブが触感をフィードバック。VRヘッドマウントディスプレー(HMD)による視覚と聴覚に、両手両足の触覚を加えることで、VRの世界をより深く体感できる。

10
触感が装着者にフィードバックされ、装着者の手足の動きはVRの中に反映される

 タクタイル・デバイスによって、砂漠、草原、水辺といった地面を踏みしめたときの触感の違いや、キャラクターが装着している靴の種類による感覚が再現されるとのこと。

 また、タクタイル・デバイスのほかに、9軸センサーも内蔵されている。そのため、装着者の手足の動きをとらえ、VRの中に反映される。ゆえに、VR用の入力デバイスとしてもTaclimは機能する。

 Taclimは、VRへの没入度をよりいっそう高めることができる双方向のVR用入出力デバイスに仕上がっている。

 Taclimのプロトタイプ初公開となるCES2017では、ジェムドロップが1月末にリリース予定のPlayStation VR用ソフト「ヘディング工場」を題材とし、同社がTaclim向けに新規開発したVRゲーム「Taclim demonstration with Headbutt Factory」をデモ環境として用意したとのこと。同タイトルはTaclim発売時にも無償で提供予定だ。

10
Taclim demonstration with Headbutt Factory

 Taclim向けの開発環境はUnityプラグインとして提供され、触感データのサンプルも公開される。さらに、WAV形式のフェアを取り込むことで、独自の触感データを作成することも可能だ。

 通信方式はBluetooth 4.1バージョンとSub-Ghz(Japan 920MHz/USA 815MHz/Euro 868MHz)バージョンの2種類が用意されている。これは、利用シーンにあわせて使い分けるためとのこと。

 Bluetooth 4.1バージョンのTaclimは、手軽で安価なバージョン。Sub-Ghzバージョンは、安定した通信が行える920Mhz帯に対応させ、大規模な人数や多数の参加者が集まるイベントなど、電波が混雑した環境に適したバージョンとなっている。

 この2つ、「Bluetooth Edition」のTaclimと「Sub-giga Edition」のTaclim、2モデルの販売を予定しているとのことだ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking