2017年01月05日19時30分

ソニーは有機ELテレビに完全ワイヤレスイヤフォン! プレカンレポート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
CES2017
CES 2017のソニープレスカンファレンス

 ソニーは現地時間1月4日、「CES 2017」に先駆けてプレスカンファレンスを開催。平井一夫社長兼CEOが登壇し、同社の2017年の製品群を紹介するプレスカンファレンスを開催した。

CES2017
例年通り平井一夫社長兼CEOが登壇

有機ELテレビや超短焦点プロジェクターが登場

 例年、ソニーのさまざまな製品カテゴリーが登場する平井一夫氏のスピーチだが、2017年の最大のトピックとして真っ先に紹介されたのが「HDR」のピクチャークオリティーを実現する製品群の数々だった。

CES2017
ソニーが感動を届けるラスト1インチのメッセージ
CES2017
HDRの映像に対応するPS4 Proも紹介

 冒頭、PS4 Proもゲーミングの世界でHDRによる高画質の表現に対応したことにはじまり、ソニーブース内に設置されたクリスタルLEDによる8Kクオリティのモニター、そして高画質による「感動」を生み出す製品を作り、同社の2016年からのメッセージである「ラスト1インチ」という、文字通りにユーザーの手に届き、体験できる製品を作っていくメッセージが発信された。

 プレスカンファレンスのステージ上で、最も大々的に披露されたプロダクトが有機ELパネルを搭載した薄型テレビのBRAVIA OLED「A1E」シリーズだ。

CES2017
最も熱を入れて語られたのは、有機ELテレビのBRAVIA OLED「A1E」
CES2017
ソニーの民生用テレビとしては初の大型有機ELパネル採用モデルとなる

 自発光デバイスである有機ELパネルとソニーの持つ高画質の技術を融合。スピーカーにセンタースピーカーがなく画面が振動して音を出す「アコースティックサーフェイス」の特徴とともに、ソニーの独自技術の搭載されたモデルとなる。

 なお、プレスカンファレンス終了後のブースで早速実機が披露されていたが、サイズインチは77/65V型の2モデル。日本での発表・発売や価格についての発表はなかった。

CES2017
4K BRAVIAの最新モデル「X93E」シリーズ

 同じく平井社長から発表されたビジュアルの製品が、4K液晶BRAVIAの最新モデル「X93E」シリーズ。進化した「スリムバックライドドライブ+」の搭載によりコントラストの表現力を向上。

CES2017
「Dolby Vision」への対応も発表

 ソニーのHDRの高画質を支える技術としてエンジンとして「X1 Extream」による高画質化についても改めて言及されたほか、HDR技術である「DolbyVision」方式への対応も発表された。

CES2017
4K 超短焦点レーザー光源プロジェクターの「VZ1000E」

 プロジェクターでも4K 超短焦点レーザー光源プロジェクタの「VZ1000E」を発表。スクリーン面からわずか16cmという投射距離もアピールした。

CES2017
ソニー初のUltraHD Blu-rayプレーヤー「UBP-X800」

 HDRのコンテンツを再生する映像体験としては、「AmazonVideo」「Netflix」の2つのサービスの紹介とともに、ソニー初となるUltraHD Blu-rayプレーヤーの「UBP-X800」も発表。

CES2017
SPEがリリース予定のUltraHD Blu-ray映画タイトル

 なお、同時にソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPE)の提供するUltraHD Blu-rayのタイトル紹介も行なわれ、ソニーグループとしてのHDRへの取り組みも発表した。

 ソニーの発信するHDRによる高画質の魅力は、「ワン・ソニー」というテーマの下でHDRの製品群が送り出される事になる。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!