2017年01月05日13時00分

パナソニックのCES 2017はレコードとカメラが熱い!? プレカンレポート

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
CES2017
松下幸之助の言葉とともに始まったパナソニックのプレスカンファレンス

 パナソニックは現地時間1月3日、米国ラスベガスで開催中の「CES 2017」にてプラスカンファレンスを開催。同社の展開するコンシューマ・プロダクトとビジネスソリューションを発表した。

 大々的に発表された新製品は「テクニクス」ブランドのオーディオ製品群、ミラーレス一眼カメラ「LUMIX GH5」、白物家電よりオーブンレンジ「NU-HX100S」だ。

アナログ・ターンテーブル「SL-1200GR」などのテクニクス製品
ミラーレス一眼カメラ「GH5」を発表

CES2017
今やパナソニックのコンシューマ製品の顔となったテクニクス

 コンシューマ・プロダクトで最も多くの製品数が登場したのが同社の展開する「テクニクス」ブランドのオーディオ。

 同社が2015年発売したアナログプレイヤー「SL-1200AE」「SL-1200G」に続くエントリーモデル「SL-1200GR」を2017年初夏に発売する。

 「SL-1200」シリーズのモデルとして同社のダイレクトドライブを継承しつつ、新たにコアレスのモーターを新規開発して搭載される。価格は未定だがスタンダードクラスの製品として「SL-1200G」よりも安価になることが予想される。

CES2017
アナログプレーヤーのスタンダードモデル「SL-1200GR」
CES2017
オーディオ用スピーカーシステムの「SB-G90」

 「テクニクス」のグランドクラスの製品にはオーディオ用スピーカーシステムの「SB-G90」が新たに登場。

 フロアスタンディングタイプの3Wayスピーカーで、テクニクスとして初めての単体スピーカーのラインナップとなる。

CES2017
ステレオアンプの新モデル「SU-G700」

 同社のリファレンスシリーズである「R1」シリーズの点音源による思想を継承。スピーカーキャビネットの内部にあるサブバッフルにユニットを固定することで振動を抑え高音質化する新開発の「バランスドライバーマウンティング」機構を採用する。

 ステレオアンプにも新モデル「SU-G700」が登場。フルデジタルアンプの「JENO Engine」を搭載したステレオ・インテグレートアンプで、スピーカー負荷適応処理「LAPC」にも対応。テクニクスのリファレンスシリーズのデザインコンセプトを継承する。

CES2017
ミラーレス一眼カメラの「GH5」を発表

 ミラーレスカメラ「LUMIX GH5」も発表された。5軸の光学手ブレ補正である「5-AXIS DUAL I.S.2」と世界初となる4K/60p/50p 4:2:0 8bit、4K/30p 4:2:2 10bitのビデオ撮影に対応。同社のカメラの搭載してきた4Kフォトの機能は「6K PHOTO」としてグレードアップして搭載される。

CES2017
4Kムービーの撮影フォーマットが強化される

 オーブンレンジの「NU-HX100」は2016年11月に北米で発表済みのモデルで、使いやすくハイクオリティな製品として紹介された。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking