2016年12月02日10時00分

USB Type-Cの本格普及を前に、ケーブルとアダプターにまつわる問題が増えてきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 次世代のUSBポートとして徐々に知名度が上がってきた「USB Type-C」。新型MacBook ProやハイエンドAndroidスマホの採用で普及の兆しは見えてきたものの、状況は複雑になってきました。

USB Type-Cの本格普及を前に、ケーブルとアダプターにまつわる問題が増えてきた
USB Type-CやLightning、MicroUSBを使いこなすため、いろいろなケーブルが必要になってきた。

増え続ける変換ケーブルやアダプターの問題

 USB Type-Cが登場する前、筆者がよく使っていたケーブルが「Lightning」と「MicroUSB」に両対応できるケーブルです。これ1本で、iOSデバイスにもUSB充電対応のデバイスにも対応できるという優れものでした。

USB Type-Cの本格普及を前に、ケーブルとアダプターにまつわる問題が増えてきた
MicroUSBケーブルにLightning変換アダプターが一体になったケーブル。

 ここに「USB Type-C」が加わったことで、状況は少しややこしくなります。2016年1月にはトリニティの「NuAns NEO」がUSB Type-Cを採用。大手キャリア端末も2016年夏モデルからソニーモバイルやサムスン電子のフラグシップモデルが相次いでUSB Type-Cに切り替えました。

USB Type-Cの本格普及を前に、ケーブルとアダプターにまつわる問題が増えてきた
USB Type-Cが登場したことで、MicroUSBとUSB Type-Cに両対応したケーブルも入手。

 こうして現在ではLightning、MicroUSB、USB Type-Cの3種類が混在する状況になりました。ただし、端末側のポートだけを考えれば、変換アダプターを駆使して何とか対応できるレベルです。

 ところが最近では、新型MacBook Proのように、ホスト側の端子としてUSB Type-Cを採用する事例が増えています。そこで必要性が高まってきたのが、アップルの「USB-C - Lightningケーブル」のようにホスト側の端子がUSB Type-Cのケーブルです。

USB Type-Cの本格普及を前に、ケーブルとアダプターにまつわる問題が増えてきた
こちらはLightningとMicroUSBに両対応のケーブル。ホスト側がUSB Type-Cである点に注目。

 こうしたケーブルがあれば、新型MacBook Proから直接スマホやUSBデバイスを充電できるようになります。Touch Bar搭載モデルの場合、4つのUSBポートをフルに活用できるようになるというわけです。

 ただし、これで問題が解決したわけではありません。モバイルバッテリーやUSBハブのように、従来のAコネクターしか接続できないデバイスもまだまだ存在しています。

USB Type-Cの本格普及を前に、ケーブルとアダプターにまつわる問題が増えてきた
モバイルバッテリーなどがUSB Type-Cに対応するまで混乱は続きそうだ。

 これらのUSBデバイスがすべてUSB Type-Cに置き換わるまでにはまだ時間を要すると考えられます。しばらくは従来型のUSBケーブルや、Type-AからType-Cへの変換アダプターを併用しなければならないのは面倒なところです。

品質問題や急速充電の混乱が課題に

 ほかにもUSB Type-Cには、様々な問題が指摘されています。最近、ECサイトなどでは「56kΩ抵抗」に対応したケーブルが増えていますが、これは有名メーカー製のケーブルでも規格通りに実装していないものがあり、過大な電流が流れる恐れがあるという問題です。

 また、端末とコネクターの相性で、物理的に挿さらないとか、挿しても認識しないといった問題が出ています。筆者が持っている端末とケーブルの組み合わせの中でも、妙に堅いもの、緩いものが混ざっており、Lightningに比べて品質にはバラツキがある印象です。

 USB Type-Cで使える急速充電の規格としては、主にQuick Charge系とUSB PDに分かれていることが問題となってきました。クアルコムが発表したQuick Charge 4.0はUSB PDもサポートするため、今後は状況が改善に向かうと思われるものの、当面は悩ましい問題です。

 こうした状況の中、モバイルで活用される機会の多いMacBook ProがUSB Type-C(Thunderbolt 3)を全面的に採用したことで、混乱した状況が急速に改善していくことが期待されます。

USB Type-Cの本格普及を前に、ケーブルとアダプターにまつわる問題が増えてきた
不便になったとの声もあるMacBook Proだが、USB Type-Cの普及促進という点からみれば強力な助っ人だ。

 2017年には大手キャリアのスマホがさらにUSB Type-Cを採用してくる可能性があり、これまで以上に広い範囲のユーザーに普及することが考えられます。そうなる前に、先に挙げたような問題は解決しておきたいところです。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

もう読んだ!? 週アス冬の増刊号 秘密情報局

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp