2016年11月24日11時25分

IIJmio、au回線で毎月の未使用分の通信料を返金する「モバイルプラスサービス」を12月開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 IIJは、au 4G LTE網を用いた通信回線と端末をセットにした新サービス「IIJmio モバイルプラスサービス」を12月に開始する。同サービスの最大の特徴は、毎月使い切らなかったデータ通信量を500MBあたり100円で割り引くという点だ。

11

500MBあたり月100円で使わなかった分は自動的に割引される
実質的には使った分の支払いでいい従量制料金

 IIJmioモバイルプラスサービスには、データ通信量が月3GBの「エコプランミニマム」と月7GBの「エコプランスダンダード」の2プランが用意されており、データSIM(SMSは標準機能)の場合は税抜月900円と月1700円。音声通話付きSIMはそれぞれ税抜月700円のプラスとなる。

 端末はセット販売で購入するのが前提で、au VoLTE対応端末として、富士通「arrows M03」(一括購入時、税抜3万2800円)、ASUS「ZenFone Go」(同1万9800円)、ASUS「ZenFone 2 Laser」(同1万7800円)、ASUS「ZenFone 3」(同3万8800円)が用意されている。

 割引額は前述のとおりに500MBあたり税抜100円で、たとえばエコプランミニマムの場合は余った通信量が500MB~1GBで月100円、1~1.5GBが月200円、1.5~2GBが月300円、2~3GBで月400円となる。

11

 また、毎月のプランについては上限値を1GB単位でアップ設定することが可能で(最大月20GB)、料金は使った分だけの支払いになる。つまり実質的には500MBあたり月100円ずつ増額されていく、従量制の料金プランになっていると言える。

 契約期間は従来プランと同様に特に設定されておらず、音声通話付きSIMのみは、12ヵ月以内に解約する場合に、(12ヵ月ー利用月数)×1000円の解除調停金が必要となる。

 今回au回線での端末セット販売のみにした場合については、「これから格安スマホに移行するユーザーにわかりやすくするため」という理由で、ドコモ回線やSIMのみの契約での提供については現時点ではまだ検討していないとのことだ。


■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp