2016年11月09日09時00分

新MacBook Proのキーボードで原稿を書いてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アップルが発表した新MacBook Pro(以下、MBP)。すでにタッチバー搭載モデルを注文して到着を待っている人も多いかと思いますが、筆者は待ちきれずにファンクションキーモデルを購入してしまいました。

新MacBook Proのキーボードで原稿を書いてみた
ファンクションキーモデルを購入。Core i5と16GBメモリ、256GB SSDの構成にした。
新MacBook Proのキーボードで原稿を書いてみた
MacBookAir 11(上)とほぼ同じ横幅でありながら、旧MacBook Pro 13(下)より薄く軽くなった。

 この新MBPをさっそく仕事に活用してみたので、気になっていた点をチェックしてみたいと思います。

注目の新キーボードは「意外と普通に打てる」

 新MBPで大きく変化したのが、キーボードです。プログラマーやライターなど、キーボードを酷使するユーザーが最も気にしている部分ではないでしょうか。

 新MBPのキーボードはあの12型MacBookと基本的に同じ構造ながら、打ち心地を改善する調整が入っていると説明されています。実際に使ってみた印象としても、まさにその通りです。

新MacBook Proのキーボードで原稿を書いてみた
12型MacBookと同じ構造ながら、打ち心地が改善されたキーボード。

 12型モデルではキーをなでるような打ち方を心がけないと、「突き指」するかのような感覚を覚えることがありました。それに比べて新MBPはずっと普通に打ち込める印象があり、筆者も開封した当日から原稿書きに活用できています。

新MacBook Proのキーボードで原稿を書いてみた
トラックパッドが大きすぎるのではないかと不安だったが、この点は全く気にならなかった。

 もちろんキーボードの好みには個人差があります。新MBPは展示機も少ないことから、実際に触ってみて確認することも難しく、そんなあやふやな状態で高いお金は出せない、という人も多いでしょう。

 この点については、アップルの「Magic Keyboard」を目安にするという手があります。Magic Keyboardの打ち心地は旧MBPと新MBPの中間くらいに位置しており、これを問題なく打てる人なら、新MBPにも適応できる可能性があります。

 使っていて気になったのは、タイピングの音です。新MBPでは丁寧にタイプしていてもポコポコと音が響きやすく、静かなオフィスや図書館では周囲に気を遣うかもしれません。

 ソフトウェア的な問題として、macOS Sierraではキーカスタマイズソフトの「Karabiner」が動作しないという問題があります。筆者は「英かな」を使っており、最新版では「Command+Jにカーソル左キーを割り当てる」といった定義にも対応しています。

新MacBook Proのキーボードで原稿を書いてみた
macOS Sierraでもキー入れ替えができる「英かな」。

「ケーブル1本」の世界を目指して

 Thunderbolt 3に統一されてしまった、インターフェイスはどうでしょうか。その目指す先には、「ケーブル1本ですべてをつなげる」という世界観があります。

 その一端を実現していたのが12型MacBookです。変換アダプターはなにかと面倒という面はあるものの、充電、ディスプレイ出力、USBの3つを1つのアダプターで実現できていたのも事実です。

新MacBook Proのキーボードで原稿を書いてみた
Digital AV Multiportアダプターは新MBPでも使える。給電は最大60Wで、13インチモデルなら問題ない。

 さらに新MBPにあわせてThunderbolt 3対応の4Kと5KディスプレイがLGから登場。新MBPとケーブル1本でつなぐだけで済む世界が迫ってきました。

 ただし、モバイルでのUSB利用などに備えて、当面は変換アダプターを持ち歩く覚悟は必要です。アップルは年内限定で関連アクセサリーを値下げしたので、移行コストは少し下がっています。また、サードパーティのThunderbolt 3デバイスには互換性の問題があるようなので、「新MBP対応」であることを確認してから買ったほうがよいでしょう。

 副次的なメリットとして、USB給電(あるいは充電)ができるという点があります。実際にANKERの5V・2.4A出力のUSB充電器に接続してみたところ、画面の明るさが50%程度の設定で日本語のテキストを打ち込んでいく用途では、1時間経ってもバッテリーは100%を維持していました。

 ここでPhotoshopやLightroomのように負荷の高いアプリを使い始めるとバッテリーは確実に減っていきますが、その減り方は緩やかです。12型MacBook同様、必ずしも標準のACアダプターを持ち歩かなくてもよいという点は、新MBPの魅力のひとつになりそうです。

新MacBook Proは買いなのか

 新MBPにMacBook Airから移行する場合、画面解像度がRetinaになり、パネル自体の画質も大幅に向上することに感激するでしょう。これに慣れると、もうMBAの画面には戻れないはずです。

新MacBook Proのキーボードで原稿を書いてみた
11型のMBA(左)に比べてベゼルも細くなり、画質は大幅によくなった。

 旧MacBook Proからの移行では、周辺機器などとの兼ね合いにより、しばらく旧モデルを使い続けるという手もあります。また、今後の出荷が見込まれるタッチバーの使用感を確かめてからでも遅くはないでしょう。

 今後、主流になるであろうUSB Type-C環境や、4Kや5Kのディスプレイへの投資を始めるには良いタイミングです。そういう意味で新MacBook Proは、いまの環境から新たな一歩を踏み出したい人のためのノートPCといえます。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Amazon.co.jp