2016年10月29日15時00分

ドバイで売れてる格安スマホ「Xtouch」の魅力に迫る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
ドバイ 格安スマホ
ドバイ市内で広告をよく見かけるXtouchのスマホに注目!

 イベント取材でドバイに行きました。ドバイのスマートフォン人気は先進国と変わらずで、iPhoneはもちろんのこと最近はファーウェイも大きな人気。

 もちろんシェアトップを走るサムスンや、ライバルのLG、そしてHTCが意外と頑張っています。また、中堅どころだと、アルカテルが結構な数のモデルを出しているなど、メーカー間の競争は激しそう。

比較的SIMフリースマホが買いやすい国・ドバイ

ドバイ 格安スマホ
ファーウェイの広告も中東で見るとちょっと新鮮

 ドバイではスマートフォンはSIMフリーで販売されているので、キャリアだけではなく家電量販店でも単体で売られています。

 量販店は大手もいくつかあり、ドバイ市内のショッピングモールを中心に展開しています。また鉄道の駅にも店を構える量販店があったりと、ドバイはスマートフォンの買いやすい都市と言えます。

ドバイ 格安スマホ
家電量販店はあちこちにある。これはメトロの駅構内(Union駅)の店舗

 ドバイ市内の移動は鉄道=メトロが便利なのですが、訪問した2016年10月は各駅にこんな広告が目立っていました。

 エントリークラスの製品でしょうが、単体で399ディルハム、約1万1300円とかなり安い製品です。しかも、色はドバイの人が好きそうなゴールド。そして、4Gにきちんと対応。さらには、アクティビティートラッカーも出していて499ディルハム、約1万4100円とスマートフォンより高いんです。

 でも、この2つのセットが599ディルハム、約1万7000円とお買い得。なかなかアグレッシブなプロモーションを行なっているこの広告には「Xtouch」のブランド名が記載されています。

大手におされつつも製品は充実している「Xtouch」ブランド

ドバイ 格安スマホ
スマホはわずか1万円ちょい。アクティビティートラッカーとセットで1万7000円はお買い得?

 このブランドを調べてみると、メーカー名はTecSync Technology。中東やアフリカを中心に製品展開しているメーカーで、ドバイでは低価格機を中心に人気だそうです。

 スマートフォンは公式ページを確認してみると、20機種以上がラインアップされています。かなりの数を用意して低価格機で戦っているようです。

ドバイ 格安スマホ
スマートフォンラインナップも豊富な「Xtouch」

 では、実際にどんな機種が販売されているのでしょうか? ドバイの家電量販店をさっそくチェック。

 Xtouchのスマートフォンはさすがにブースの端の方に置かれていますが、だいたい3機種から5機種が取り扱いされているようです。何せ大手メーカーも多数のモデルを出していますから、Xtouchのスマートフォンは残念ながらあまり数を置いてもらえないのかも。

 そんな中で、一番目立つように展示されいてたモデルがこちらの「Unix」です。最大の特徴はリアとフロントどちらにも1300万画素カメラを搭載。セルフィーに強いモデルのようです。

ドバイ 格安スマホ
2016年秋のXtouchのイチオシモデルが「Unix」

 XtouchにはこのUnixより上のモデルもあるのですが、価格の高いモデルは大手メーカーの製品との競合が厳しいので、量販店としても売りにくいのかもしれません。

 このUnixは786ディルハム、約2万2200円ながらもカメラ機能を強化しており、悪くない製品です。オクタコアのMT6753、メモリー2GB、ストレージ16GB、5型HD解像度(720×1280ドット)ディスプレー、指紋認証機能と、スペックは価格相応でしょうか。

 なお、「サプライズパッケージ」が付属していて、自撮り棒やカメラ部分に取り付けるレンズなどが利用できます。

ドバイ 格安スマホ
背面と正面どちらも1300万画素カメラを搭載。これで2万円ちょいは悪くない

 また、製品パッケージが山積みされ、「2台目にもいいよ」って感じで売られていたのが「A2」「A3 LTE」の2機種です。

 A2にはLTEの表記がありませんが、こちらもLTE対応。どちらもパッと見の外見は変わりませんが、本体サイズはほぼ同等、スペックもかなり似ています。

 価格はA2が299ディルハム、約8500円。A3 LTEは定価499ディルハムが349ディルハムと3割引きで約9900円。

ドバイ 格安スマホ
1万円を切る低価格モデルのA2(左)とA3 LTE(右)

 価格は激安ながらも、ボディーは金属製で質感は悪くありません。左右のフレーム一杯に広がったディスプレーも見やすそうです。

 MT6735P(1GHz、クアッドコア)、メモリー1GB、ストレージ16GB、5型HD解像度(720×1280ドット)ディスプレー、背面1300万画素/正面500万画素カメラなど、価格相応のスペックと言えるでしょう。

 なお、LTEの対応バンドがB3だけという思い切った割り切り仕様です。SIMスロットは2つ備えています。

ドバイ 格安スマホ
価格相応のスペックながら、質感は悪くない

 両モデルの差は背面の指紋認証センサーだけで、A2には備わっていません。その部分以外のスペックはバッテリー容量が2800mAhであることも含め、全く同一です。

ドバイ 格安スマホ
右のA3 LTEのみ、背面中央上に指紋認証センサーを搭載する

セット販売はナイスアイデア
ウェアラブルデバイスとあわせて存在感を増していくかも

 そして、メトロの駅構内で見かけた広告の、アクティビティートラッカーとのセットも売っていました。

 お店の人によるとやはりこれがいま一番売れているとのこと。アクティビティートラッカーを単体で買う人って、スポーツが好きな人なのかもしれませんよね。なかなか買う機会が無いケースが多いでしょうが、こうしてセットで売るのはいいアイディアかもしれません。

ドバイ 格安スマホ
広告で見かけたセット品。結構売れているらしい

 Xtouchブランドの製品はスマートフォンだけではなく、実はこのセット売りのアクティビティートラッカーの他にも、スマートウォッチが各種販売されています。

 3G内蔵の「Wave」、Einkをディスプレーに採用した「Xwatch 04」など、なかなか興味深い製品がそろっています。こりゃ意外と侮れないメーカーなのかもしれませんね。

 ブランド力がまだ低いことから、大手メーカー品には無い隙間を狙った製品が多いようですが、数年内にはドバイでシェア上位を争うメーカーに育っているかもしれません。

 ドバイはヨーロッパへ行く乗り継ぎ便の飛行機の寄港地のひとつでもあります。ドバイに立ち寄ることがあったら、Xtouchのスマートフォンをぜひチェックしてみてください。

ドバイ 格安スマホ
ウェアラブルデバイスもいろいろと出している

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部で好評連載中!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰〜山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!