2016年10月01日12時00分

とにかく楽でアプリ連携も豊富なWithingsの新体重計「Body Cardio」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
とにかく楽でアプリ連携も豊富なWithingsの新体重計「Body Cardio」

 ダイエッターのみなさん、体重を最適値に持って行くための第一歩は、まず計測です。寿司のシャリを残してネットで叩かれる前に、まず己を知りましょう。

 そのために便利なのが「スマート体重計」「ワイヤレス体組織計」と呼ばれるもの。体重、体脂肪だけでなく、体内水分、筋密度、骨密度のようなものを推計し、データをワイヤレスでクラウドに飛ばし、スマートフォンでモニターします。つまるところ、自分の中身をスマホで見る鏡です。

 なにより楽。私はこのタイプの体重計以外に使う気が起こりません。安い体重計で測ったデータを、ちまちまとアプリに入力する手間を考えたら全然楽なのであり、楽して痩せたいなどという不届き者に好適なわけです。

 その同じカテゴリー製品の中で、いちばん新しいのが、Withingsの「Body Cardio」。脈波伝播速度というデータから、循環器系の状態までモニターします。なんだそれ、という方が大多数でしょうし、私もそうです。価格は2万2000円程度。

 数千円で買える一般的な体重計に比べるとかなりお高く、1万円前半からスタートの同一カテゴリー製品と比べてもやっぱりお高い。ですが、Body Cardioにはその価格差を超える良さがあります。

 では製品のディテールを見ていきましょう。

 

Wi-FiでもBluetoothでも利用可

 Body Cardioの上面はガラス。表面には計測用の微弱電流を流す電極が並んでおり、バックライト付きのディスプレーに計測した体組織データを順に表示します。裏側はアルミで、全体の厚さは18mmと非常に薄いですが、100g単位で180kgまで計測します。

とにかく楽でアプリ連携も豊富なWithingsの新体重計「Body Cardio」
パッケージと本体。日本語説明書付き。本体サイズは、幅327x奥行き327x高さ18mm
とにかく楽でアプリ連携も豊富なWithingsの新体重計「Body Cardio」
ガラス面にはボーダー状に電極が並ぶ
とにかく楽でアプリ連携も豊富なWithingsの新体重計「Body Cardio」
ちょっとヤバい体脂肪率の表示。液晶ディスプレーはバックライト付き、表示は128x64ドット
とにかく楽でアプリ連携も豊富なWithingsの新体重計「Body Cardio」
前回計測値からの増減もグラフとあわせてで表示します

 電源は内蔵のリチウムイオンバッテリーで、付属のmicroUSBケーブルで充電。充電のたびに床に置いてあるものを持ち上げ、USBケーブルを接続するのではかないませんが、フルチャージで最長12ヵ月使えるとメーカーは言っています。今回は30日間使ってみましたが、1日5~6回計測した後のバッテリー残量は60%。もし計測が1日1回の頻度なら、メーカーの言うとおり12ヵ月くらいは持つのかもしれません。

とにかく楽でアプリ連携も豊富なWithingsの新体重計「Body Cardio」
側面に充電用のmicroUSB端子とリセットボタン

 Body Cardioの設定とデータのモニターには、インターネット接続の可能なAndroid(4.3.3以降)かiOS端末(iOS 8以降)が必要で、BluetoothでBody Cardioと接続し、Withingsアプリで設定します。

 自宅にWi-Fi環境がある場合は、ルーターに接続してクラウドへデータを転送。Wi-Fi環境がない場合は、Bluetooth接続のモバイル端末からクラウドへデータを転送します。

 Wi-Fi、Bluetooth、どっちで使ってもいいわけですが、ルーターで接続した場合は、インターネットからデータを拾ってきて、本体のディスプレーに天気予報を表示するというおまけが付きます。

とにかく楽でアプリ連携も豊富なWithingsの新体重計「Body Cardio」

 なお、Wi-Fiは802.11 b/g/n対応で、5GHz帯には対応していません。ネットに接続できない場合でも116回分の計測値を保存。最大8人までの登録ユーザーを自動認識してデータの管理ができます。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking