2016年08月19日10時00分

マランツ、小型で高級感あるCDプレーヤー「HD-CD1」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
マランツ

 マランツは8月19日、「HD-CD1」を発表した。価格は6万4800円。9月上旬に販売開始する。“Music Link”シリーズの1台として「HD-AMP1」や「HD-DAC1」と親和性の高いサイズ感、デザインを採用したCDプレーヤー。

 本体サイズは幅304×奥行き312×高さ109mm、重量5.7kg。

マランツ
HD-AMP1と親和性の高いデザイン。デスクトップへの設置も想定している。

 フルディスクリートのアナログ回路は上級モデル「SA8005」を踏襲したもの。マランツ独自のHDAMを使ったローパスフィルター回路、HDAM-SA2の電流帰還型フィルターアンプ兼送り出しアンプ、L/R独立、金メッキ真鍮製出力端子など高品質なパーツを使用している。

マランツ
アナログ回路
マランツ
音響用低倍率高純度陰極箔アルミ電解コンデンサー(エルナーのシルミック)
マランツ
ルビコンの薄膜高分子積層コンデンサー。新採用で低歪み。
マランツ
超低位相雑音クリスタル

 デジタル回路にも音響用低倍率高純度陰極箔アルミ電解コンデンサー、新採用の低歪/薄膜高分子積層コンデンサーなどを使用。DAC ICはCS4398で、SA-11S3/SA-14S1と同じ超低位相雑音(ジッター)クリスタルと組み合わせている。-150dB以上の低雑音レベルを確保。SA-11S2搭載のクロックに比べ1/10のジッターレベルをうたっている。

 ヘッドフォンアンプ機能も搭載。3段階のゲイン切り替え機能を持ち、高速オペアンプ と HDAM-SA2バッファーを組み合わせている。

マランツ
ヘッドフォンアンプ
マランツ
付属のシールドケーブル

 なお、HD-AMP1と組み合わせる場合は、アナログ接続とデジタル接続の両方が選べるが、アナログ接続では「CS4398の特徴がよくでている、明るくてクリアなサウンド」、デジタル接続では「情報量が多く、空気感をリッチに再現」できるという。

マランツ
背面。アナログ/デジタルの出力を持つ
マランツ
脚部

 HD-AMP1とB&W CM1S2やZensor1などを組み合わせたセットモデルを用意する。HD-CD1発売記念キャンペーンとして、9月上旬から10月31日までの期間内に、HD-CD1/HD-AMP1を購入したユーザーに対して、米オーディオクエストの高級ケーブル(Golden Gate 1.5M、Digital Coax Cinnamon、USB Cinnamon2 1.5Mのいずれか)をプレゼントする。応募締切は11月19日。

マランツ

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking