2016年08月18日14時53分

ソニーの電子ペーパー学習リモコンが量販店で購入可に! 専用クレードルも登場

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ソニー
「HUIS REMOTE CONTROLLER」と「HUIS BLUETOOTH CRADLE」

 ソニーの「HUIS REMOTE CONTROLLER」をご存知だろうか? 電子ペーパーを搭載した学習リモコンで、同社の新規事業創出プログラムで誕生し、今年2月から「First Flight」(クラウドファンディングおよびEコマースサイト)と銀座のソニービルでのみ販売されている製品だ(直販価格 2万7950円)。

ソニー
HUIS REMOTE CONTROLLERの発売までの流れ

 同社は8月30日より販路を拡大し、家電量販店などでも販売すると発表。あわせて、本リモコン専用のクレードルと、UIカスタマイズ用のソフトのリリースをアナウンスした。

ソニー
HUIS BLUETOOTH CRADLE

 8月30日発売予定の「HUIS BLUETOOTH CRADLE」(直販価格 7430円)は、HUIS REMOTE CONTROLLERの充電が可能なクレードルだが、機能はそれだけではない。

 クレードルにBluetooth(バージョンは4.1)が内蔵されており、HUIS REMOTE CONTROLLERをワイヤレスキーボードとしてさまざまな機器で利用可能にする。

ソニー
クレードルがリモコンとBluetoothデバイスとの中継役となる
ソニー
表示されるキーボードで文字入力が可能になる

 対応機器はBluetoothのHID(Human Interface Device)プロファイルをサポートしている製品で、HUIS REMOTE CONTROLLERとBluetooth機器との間をクレードルが中継する形で動作する。

 薄型テレビやPlayStation 4といった機器を想定しており、電子ペーパー上にソフトウェアキーボードが表示され、入力が可能となる。

ソニー
クレードル背面のボタンを押すと……
ソニー
リモコンのアラームが鳴る。タッチするまで鳴り止まない

 さらに、クレードル背面のボタンを押すことで、リモコンからアラームが鳴る機能を実装。リモコンが見当たらない場合に簡単に探し出せる。

 なお、HUIS REMOTE CONTROLLER自体にもBluetoothが内蔵されているので、機器と直接接続すればよさそうだが、実はHUIS REMOTE CONTROLLER側のBluetoothはLE(Bluetooth Low Energy)のみの対応で機能が制限されている。

 一方、クレードル側はLE以外のBluetoothにも対応しており、さまざまな機器と接続可能。現在はHIDプロファイルのみの対応だが、ファームウェアアップデートで対応プロファイルを増やすことも可能とのことだ。

ソニー
「HUIS UI CREATOR」では、複数の機器の機能(ボタン)を1画面にまとめることができる

 「HUIS UI CREATOR」は、HUIS REMOTE CONTROLLERの画面UIをカスタマイズできるWindows用ソフト。8月30日から無償でダウンロードできるようになる。

ソニー
編集画面。右のレイアウトからボタンを選び、中央のスペースに配置。左の画面でそのボタンに割り当てる機能を選択する

 機能ボタンを自由にレイアウトでき、1つの画面に複数機器のボタンを集約することも可能。また、画像の配置もでき、画面をにぎやかに飾ることもできる。

 なお、Mac版についてはリリースを検討中とのことだ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking