2016年08月12日15時10分

4K、Bluetoothに対応したスタイリッシュなサラウンドシステム

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
olkkok

 ヤマハは8月10日、サラウンドシステム「YASシリーズ」の新製品として、フロントサラウンドシステム「YAS-106」を発表した。発売日は9月上旬。販売予想価格は2万8080円前後。

 YAS-106はスリムなワンバーボディーのフロントサラウンドシステムだ。次世代の4K映像規格であるHDR映像や4K/60p映像信号の伝送(パススルー)、HDCP2.2に対応した1入力/1出力のHDMI端子を装備し、HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるオーディオリターンチャンネル(ARC)にも対応している。ボディーの高さはおよそ53mmなので、スタンドが低い薄型テレビの前に置いても画面を遮ることなく視聴できる。

olkkok
YAS-106
olkkok
使用イメージ

 音響システムは、5.5cmミッドレンジウーファーのメイン(フロント)L/Rスピーカー、7.5cm口径の内蔵サブウーファー、2.5cmツイーターによる3ユニット構成を採用。実用最大出力計120W(非同時駆動)のハイパワーアンプを内蔵するとともに、高効率のバスレフポートも装備し、スリムなワンバーボディーでありながらクリアで迫力のある高音質サラウンドを実現したという。また、「バスエクステンション」による重低音再生が可能で、5.1chバーチャルサラウンド技術も搭載している。

 またBluetoothにも対応し、スマートフォンやタブレットなどのBluetooth対応機器内の音楽コンテンツを、手軽にワイヤレス操作で再生可能。専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」をモバイル端末にインストールすれば、音量調整や入力切替などのリモコン操作の操作ができる。アプリの操作時のみ利用できる5つのサラウンドプログラム(テレビ番組・映画・音楽・スポーツ・ゲーム)の切り替えなども、画面上から行える。

olkkok
HOME THEATER CONTROLLER操作画面例

 サイズはおよそ幅890×高さ53×奥行き131mm(テレビ前置き設置時)、890幅×高さ131×奥行き62mm(壁掛け設置時 スペーサーを含む)。重量は3.2kg。Bluetoothバージョンは2.1+EDR。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking