2016年07月30日16時33分

夏だから、ちょっとマニアなヘッドフォンイベントに行った

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 フジヤエービック主催のイベント“ポタ研2016夏”が7月30日に中野サンプラザで開催された。ヘッドフォン祭に比べると、マニアックな雰囲気を醸し出しているイベント。じっくりと試聴しようというユーザーが目立った。

ULTRASONEのオーバーイヤー型ポータブル「Edition M Plus」

 タイムロードはULTRASONEのブランドから、Edition Mの新色「Edition M BlackPearl」と、Edition Mより一回り大きく、Edition 8なみのサイズとなった「Edition M Plus」の2モデルを展示していた。

ポタ研
Edition M(左)とEdition M BlackPearl(右)

 Edition M BlackPearlの実売価格は10万8000円程度になるそうで、既存モデルよりは1万円ほどお手軽。新設計されたPVDコーティングのイヤーカップ、ラムシープレザーによるヘッドパッド / イヤーパッドなど表面処理や素材が異なる。オンイヤータイプで重さは161g。インピーダンスは40Ω、感度は99dB。振動板は直径30mmのチタンプレイテッド・マイラー。再生周波数帯域は10Hz~38kHz。MMCX端子でリケーブル対応。

ポタ研
Edition M BlackPearl
ポタ研
Edition M Plus
ポタ研
Edition M PlusとEdition 8

 Edition M Plusは一回り大きなオーバーイヤータイプで、実売価格は14万円程度。デザイン的にはBlackPearlと統一感があり、大きさはEdition 8に近い。振動板は直径40mmのチタンプレイテッド・マイラー。インピーダンスは30Ω。感度は96dB、再生周波数帯域は7Hz~39kHz。重量は240gとなる。

FitEarやEtymotic Researchの新イヤフォン

ポタ研
FitEar Parterre+

 FitEarブースでは、BAマルチドライバー採用の「FitEar Parterre+」を展示。ユニバーサル型IEM「Parterre」のケーブルをFitEar cable 007に変更し、デザインも変更したモデルとなる。レッドとブルーの2色を用意する。

ポタ研
ER4XR
ポタ研
ER4SR

 完実電気は米Etymotic Researchのロングセラー「ER4」シリーズを刷新した「ER4SR」と「ER4XR」を展示。8月発売予定で、価格はオープンプライス。予想実売価格は4万円台半ばになる見込み。ともにBAフルレンジだが、音の傾向は異なる。「ER4SR」はフラット、「ER4XR」は低域が強く躍動感のあるサウンドとなっている。

ポタ研
ER4XR

あなたのイヤモニもBluetooth対応にできるWestonのケーブル

 テックウィンドは、米Westonの製品から、MMCX対応イヤフォンをBluetooth対応にできる「Bluetooth Cable」(WST-BLUETOOTH)を展示。AptXにも対応する。スマホとつないでみたが、Bluetooth接続ながら十分な高音質を実現している印象だった。

ポタ研
Bluetooth Cable
ポタ研
Bluetooth Cableのコントローラ&バッテリー部
ポタ研
MMCX装備。写真奥のカスタムIEMのようなものにも接続可能
ポタ研
箱はこんな感じ

好調のAK70用アクセサリー

 Astell&Kernの新製品は特になかったが、ハイレゾプレーヤー「AK70」の初回ロットはすでに完売とのこと。売れ行きが好調ということでサードパーティ製アクセサリーの市場投入も今後活発化しそうだ。韓国のMITERのケースなども参考展示されていた。

ポタ研
AK70用のアクセサリーも展示されていた
ポタ研
自立するので便利
ポタ研
MITERというブランド
ポタ研
こういうスマホ的なケースも

 またAstell&Kern Portable Cable-Crystal Cable NextのFitEar版も参考展示。3.5mm3極と、2.5mm4極のタイプがあり、価格はMMCX版と同等になる見込みとのこと。

ポタ研
Astell&KernとCrystal Cableのコラボ商品
ポタ研
2種類のコネクターを用意

1000円でも音のいいイヤフォン

 SATOLEXの「Kuroiyatsu」はわずか1000円程度のオープンイヤーイヤフォンだが、好評につきAmazonなどで限定販売するとのこと。音もなかなか開放感があっていい感じだった。

ポタ研
Kuroiyatsu
ポタ研
オープンタイプで1000円ほどだという、安い!

素材の違いを楽しみたい!?

 KuraDaは カナル型イヤフォン「KD-E9」シリーズを出展。会場ではすでに先行販売を開始しており、ステンレス製の「KD-E9S」が3万円、64チタン製の「KD-E9T」が5万円。さらに試作品として、真鍮製、銅製のモデルも展示していた。いずれも直径9mmのダイナミックドライバーを使用しているが、筐体によって音がかなり変わる。

ポタ研
KuraDaのカナル型イヤフォン
ポタ研
チタン、ステンレス、銅、真鍮などいろいろな素材を使っていく計画
ポタ研
桐箱に漆塗りした紙を敷いてあったりと、梱包も手が込んでいる

 例えばチタンとステンレスで音圧感がかなり異なる(チタンのほうが大きい)。

まだまだ楽しめる、マニアのためのポータブル機器イベント

ポタ研
Just earブースにいた、耳型職人こと松尾伴大さん。現在JustEar製品を購入すると、写真のアクセサリーをもらえるとのこと
ポタ研

 ティアックブースでは、カスタマイズできるヘッドフォンをアピール。写真のようにものすごく手の込んだカスタム品なども並べられていた。

ポタ研
ポタ研
ポタ研
ポタ研

 クラリオンは 7月25日に正式発表した世界初をうたうフルデジタル平面駆動型ヘッドフォン「ZH700FF」を展示。7価格はオープンプライスで、店頭予想価格は14万円前後。当日はプレスおよび一般向けの製品発表会も実施された。

ポタ研
ZH700FF

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

アクセスランキング

Like Ranking