2016年07月30日08時00分

8階から落ちてもスマホも無事!?耐久性がヤバイVRヘッドセット販売開始!

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
MergeVR

 リンクスインターナショナルはアメリカのMerge Labs, Inc.と国内販売総代理契約を締結し、スマホ用VRゴーグル「Merge VR Goggles」の取り扱いを開始した。それに伴い、本製品は株式会社Project White「TSUKUMO」にて独占販売を開始した。価格は1万3824円。

 都内某所にて行なわれた発売イベントには、​Merge Labs, Inc.の上級副社長 事業開発日本担当 ロバート・E​・​ハントレー氏が登壇し、Merge VR Gogglesの魅力について語った。

MergeVR
Merge Labs, Inc. 上級副社長 事業開発日本担当 ロバート・E​・​ハントレー​氏

 素材は柔らかく衝撃に強いウレタン100%を使用。スマホを入れた状態でビルの8階から落とした実験動画が公開されており、中のスマホも無事との驚きの衝撃吸収性はほかのVRヘッドセットにない利点だ。また、素材が柔らかいため装着もしやすく、眼鏡の上からでもラクに付けられるとしている。重量は400グラム以下と軽量。また、光は遮断しながらも、熱の逃げ道である隙間が空いており、スマホの熱がこもり難いとのこと。スマホを取り付けながらもヘッドセットやイヤホンジャックを付けられ、外部に漏らさずに音も楽しめる。

ビルの8階からの落下実験動画

MergeVR
実際に装着してみたところ、素材が柔らかく、重量も軽いため、眼鏡の上からでもすぐに装着できた。光はやや入るものの没入感にはあまり影響がなく、レンズの品質もまずまず。十分快適にVR映像が楽しめた

 本体上部には瞳孔間距離を調整できるスライド式のボタンが2つ搭載されている。この2つのボタンを押すことで、装着したスマホの液晶をタッチすることができるとのこと。スマホを入れるスリットは大きめで、iPhone6 Plus以上のスマホが発売されない限り、すべてのスマホが搭載可能としている。

MergeVR
手持ちのGalaxy S7 edgeを入れてみた。素材が柔らかいため、大きいスマホもすんなり入れられる
MergeVR
本体上部のスライドで瞳孔間距離が調整できる
MergeVR
ボタンを押すと、中でタッチ用の機構が飛び出し、スマホの液晶をタッチする。ただし、位置は変えられないため、左右の一定箇所をタッチするのみ。スマホの画面をどこでもタッチできる訳ではないので、画面のどこでも良いのでタッチすれば話が進むアドベンチャーゲームなど、限定的なアプリにのみ有効となりそうだ
MergeVR
本体前面の一部は取り外しが可能。スマホのカメラを使ったARゲーム用途などに使えそうだ

 イベントの最後にはVRメディアのMoguraVRで編集長を務める久保田氏が登壇。VRヘッドセットを装着する際、衛生面に考慮した布製のマスク「ニンジャマスク」の有用性についてアピールした。

MergeVR
MoguraVRの久保田氏。ニンジャマスクもTSUKUMOにて販売されている

 Merge VR Gogglesは1万円以上と、スマホ搭載型のVRヘッドセットとしては高価ではあるが、ウレタン製という柔らかな素材はプラスチック製のほかのヘッドセットよりも魅力的。伸縮性の優れる本体は、中が汚れても拭きやすく、メンテナンス性にも優れる。肉厚で柔軟性があり、前述の動画でも実証された衝撃吸収性の高さは◎。割と乱暴に扱いがちな人にはオススメの一品になりそうだ。

●関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking