2016年07月29日18時33分

ポッカサッポロ、スマホを利用して自販機の多言語対応をテスト開始

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
ポッカサッポロ
自動販売機イメージ(パネルやステッカーでアプリケーションを案内する)

 ポッカサッポロフード&ビバレッジは7月29日、訪日外国人への対応としてスマホを活用した飲料自動販売機の多言語対応をテスト開始すると発表した。

 同社ではこれまでにも自販機に多言語対応のステッカーを貼るなどの対応を行なってきたが、どのような商品かわからないという不安があり、外国人の購入意向に結びついていないことが推測されるという。

ポッカサッポロ
商品情報画面のイメージ

 同社では、富士ゼロックスのスマホアプリ「SkyDesk Media Switch」を導入。自販機に展示されいているダミー商品や商品ラベルを撮影することで、「栄養成分」、「原材料」、「アレルギー物質」、「商品概要」の情報がスマホに表示される。商品情報は、英語、中国語(簡体字および繁体字)、韓国語、日本語の4ヶ国語で表示され、閲覧した情報は保存されて再確認できる。

 同社関連会社PSビバレッジが保有する首都圏および大阪、名古屋、札幌の自販機のなかから、とくに訪日観光客の多いエリアに設置した約300台で導入。テスト結果を検証しながらエリアの拡大を進める。

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking