2016年07月28日13時00分

5cmの細身のボディーでリアルサラウンドを実現する「YSP-2700」

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

 ヤマハは7月28日、7.1chサラウンドに対応したバータイプのスピーカー「YSP-2700」を発表した。16個のビームスピーカーで発声した音を壁に反射させ、リアルサラウンドを実現する製品の最新モデル。YSP-2500の後継となる。

YSP-2700
YSP-2700

 本体は高さ51mmとスリムで、無線接続のサブウーファーも同梱する。テレビ側との接続はHDMIケーブル1本で済む。

 入力3系統/出力1系統のHDMI端子は、4K60p(4:4:4)/HDCP 2.2/HDRのパススルー出力など最新の仕様に対応。テレビ放送の電子番組表(EPG)と連動して、自動的に番組ジャンルと連動したシネマDSP設定を選ぶ機能を持つ。

 さらにAirPlayやBluetooth経由でスマホの音楽を再生したり、逆にBluetooth対応ヘッドフォンなどへの出力も可能だ。

YAMAHA
WX-010

 “MusicCast”にも対応。YSP-2700で再生中の音を無線で飛ばし、別室で聴くなど、複数の機器と連携できる点も特徴となる。 BluetoothとWi-Fiに対応し、かつMusicCastも利用できる「WX-010」など、対応製品も別途投入している。これらのMusicCast対応機器は、専用アプリ「MusicCast CONTROLLER」で集中管理でき、radiko.jpにも対応している。

 本体サイズは幅944×奥行き154×高さ51㎜(アンテナ水平時)。サブウーファーのサイズは幅147×奥行き353×高さ444㎜。重量はそれぞれ4.0kgと7.9kgとなる。

 価格はオープンプライスで、発売は9月上旬を予定している。実売価格は12万円前後になる見込みだ。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking