2016年07月26日18時00分

溜まったビデオテープはワンタッチでDVDに焼くのが正解

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket
sanko

 一昔前まで、録画といえばVHSのビデオテープが主流でした。

 野球中継の影響で撮りたい番組が後ろに延びてしまったとか、標準と3倍モードの切り替えとか、某力士の悲劇とか、今の若い子たちは知らないわけです。別に知らなくても大丈夫ですが……。

 ともかく、自宅にビデオテープが溜まっている、というご家庭はまだ多いのではないでしょうか。そうなってくると困るのが整理と視聴です。何しろ物理的に場所を取るわけですし、視聴にはいまやアンティーク(言いすぎかも)なビデオデッキを使用しなければならない。

 とはいえ、捨てるのはあまりにももったいない。というわけでサンコーの「ダビングできるメディアレコーダー MEDRECD8」です。

sanko
入力はコンポジット。HDMIは外部出力で、HDMIケーブル(別売)で、テレビなどに繋げば、メディアプレーヤーとしても利用可能。USBメモリーにデータを保存することさえできます
sanko
コンポジット端子で繋ぎます
sanko
VHSに詰まった思い出をDVDに

 ビデオデッキにビデオテープを入れて本機に接続し、ディスプレーに表示されるメニューにしたがってボタンを押せば、DVDに焼けます。

 大きなポイントは「パソコン不要」ということです。操作が不要ですからカンタンですし、たとえば実家の両親が「家にあるビデオテープをDVDにしたいんだけど」と言われたときに、あーパソコンの操作を教えなきゃいけないな、めんどうくさいからもう自分が直接やるか……みたいに悩まないですむ。

 さらに、ビデオテープなどの映像をDVDだけでなく、USBメモリーやSDカードに保存できます。ビデオ以外にもSDカードのデータやUSBのデータもDVDに焼けます。ちょっと昔にDVDに焼いた映像をUSBメモリーやSDカードに入れる、という用途にも使えます。

sanko
こんな具合にメニューから操作を選んでボタン本体の「ENTER」を押すだけ
sanko
レコーディングフォーマット(MPG/MP4を選択可)や録画品質の設定もできます
sanko
昔のビデオをUSBメモリーに保存してもいいです

 対応再生形式はRM/RMVB/AVI/MPG/MKV/VOB/MOV/MP4/WMV/JPG/BMP/PNG、対応DVD形式はDVD+R、DVD+RW、DVD-R、DVD-RW。

 本体サイズはおよそ幅150×高さ40x奥行き150mm、重量はおよそ490gです。

 価格は2万7800円。この機会に、ぜひ。

sanko
VHSの思い出をよみがえらせよう

ビデオ、USBメモリ、SDカードをこれ1台でダビングできる サンコー PCいらずでDVDにダビングできるメディアレコーダー MEDRECD8をアスキーストアで購入
アスキーストアバナー

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking