2016年07月20日13時00分

最新2in1の実力に驚け! Windows 10と第6世代インテル Core プロセッサーがパフォーマンス大向上

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

Windows 10 と第6世代インテル Core プロセッサー搭載の
法人向け最新2in1で新しくなったパワーと機能

 「出社してまずPCの電源を入れる」というのは誰しも実施している作業。実はPCの起動時間は、OSが新しくなるほど速くなっていっているのはご存じだろう。Windows 10 と第6世代インテル Core プロセッサーを搭載する法人向け最新2in1は、以前のノートPCと比べると、電源を入れてから起動するまでの時間が格段に短くなっている。

 Windows 8で高速起動の機能が導入され、Windows 10 でさらに進化させたことで、起動時間が短縮化されている。そのため、Windows 7などと比べるとさらに起動が高速になっているのだ。

Windows 10 と第6世代 インテル Core プロセッサーを搭載する
法人向け最新2in1の実力に驚け!

 ジサトラ『ドヤ顔選手権』の「基礎実力編」では、“ジサトラ”メンバーが Windows 10 と第6世代 インテル Core プロセッサーを搭載する法人向け最新2in1の性能についてピックアップ。 5年前のPCと比較した場合、パフォーマンスにおいて最大2.5倍※、グラフィックスでは最大30倍※性能が向上していることや、バッテリー駆動時間が3倍※に伸びている点を取りあげている。ジサトラならではのわかりやすい動画にまとめた

 第6世代 インテル Core プロセッサーも、PCの起動時間を高速化するための工夫が盛り込まれており、Windows 10 と組み合わせることで、電源スイッチを入れてから起動するまでの待ち時間を減らせる。

最大2.5倍の高速化、駆動時間も最大3倍! 第6世代 インテル CoreとWindows 10の実力を探る
最大2.5倍の高速化、駆動時間も最大3倍! 第6世代 インテル CoreとWindows 10の実力を探る
従来のノートPCの場合、バッテリー駆動時間をかせぐために、持ち運び中などは電源を落としているという方は多いはず。やっかいなのが、いざ使いたい時に電源を入れても、起動に時間がかかってしまうことだ。一方、Windows 10 と第6世代 インテル Core プロセッサーを搭載する法人向け最新2in1の場合は、短時間で起動できるのだ

 ノートPCであれば、液晶ディスプレーを閉じてスリープし、使いたいときに開いて復帰させるという使い方も多い。Windows 10と第6世代インテル Core プロセッサーを搭載する法人向け最新2in1では、このスリープから復帰するスピードがさらに高速化されており、使いたいと思ったタイミングですぐに作業を始められる。

 こうした待ち時間は、積み重なるとバカにならないものだし、気分的にも勢いがそがれてしまう。起動・スリープ・復帰といった速度が速くなったことで、業務への集中力を高められるだろう。

パフォーマンスアップで集中が途切れない

 Windows 10 では、OS全体としてパフォーマンスの向上も図られている。最新OSとしてより洗練され、Windows 7に比べ動作が快適になっている。

 第6世代インテル Core プロセッサー搭載の法人向け最新2in1を使うと、そのパフォーマンス向上をさらに顕著に体験できる。5年前のPCと比較すると、パフォーマンスは最大2.5倍、グラフィックス性能にいたっては最大30倍の性能向上が図られているという。

最新2in1の実力に驚け! Windows 10と第6世代インテル Core プロセッサーがパフォーマンス大向上
第6世代 インテル Core プロセッサー搭載と5年前のPCの性能差をFishtankを使って比較。魚が泳ぐスピードがまったく違うのだ

Windows 10 と第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の
法人向け最新2in1が生み出す利便性と高い生産性

 第6世代 インテル Core プロセッサー搭載の法人向け最新2in1は、最新OSの Windows 10 を搭載し、さらに薄・軽タイプの製品が揃っているため、注目している方は多いはず。ただ法人の場合、コストをはじめ、そもそも2in1とはどのようなPCか、業務にどう活用できるか、どのように生産性を高められるか、はたまた管理する側の負担など、ハードウェアスペックにとどまらない点も考慮する必要がある。そこで「使い勝手・運用管理編」として、“ジサトラ”ならではのスタイルでそのメリットをわかりやすくまとめているのだ。

出典:インテル コーポレーション。インテル® Core™ i5-6200U とインテル® Core™ i5-520UM を比較した SySmark 2014 スコアより。
 System configuration:
 Intel® Core™ i5-520UM processor (up to 1.86 GHz, 4T/2C, 3M cache) on Acer Aspire One* 1830T-3721:18W thermal design power. BIOS: Insyde v.1.11*, Graphics: Intel HD Graphics (driver v. 8.15.10.2104), Memory: 8 GB (2 x 4 GB) DDR3 1333 Mhz, HDD: Seagate* 500 GB, OS: Windows* 7, Battery size: 62 Wh.
 Intel CRB, Intel® Core™ i5-6200U, PL1=15W TDP, 2C4T, Turbo up to 3.4GHz/3.2GHz, Memory: 2x4GB DDR4-2133, Storage: Intel SSD, Display Resolution:1920x1080. Graphics driver: 15.40.4225

最新2in1はこう使え! 今スグわかる薄・軽メリット、使い勝手を大紹介!!

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking