2016年07月13日10時00分

スマホメーカーがカメラに進出! Meituのミラーレス機「BF1」が登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
BF1

 年々、高画質化するスマホのカメラ。もはやデジカメが無くとも不自由しない時代になっているかもしれません。ところが、そんな時代の流れに逆行するように、あえてデジカメの新製品を投入するスマホメーカーが現れました。一体どんな製品なんでしょう?

BF1
セルフィースマホのMeituから登場するミラーレスカメラ

 Meituはアジアを中心にセルフィー特化スマホを出すメーカー。最新モデルはフロントカメラが2100万画素と、もはやリアカメラの存在を忘れさせるほどの製品になっています。一部の国では、自社ブランドでセルフィー端末としてラインナップに加えるメーカーもあるなど、知る人ぞ知るセルフィー端末専業メーカーとも言えるのです。そのMeituに関しては過去に一度、スマホの記事として取り上げたことがあります。

BF1
ついにBF1の実機が登場

 記事内に書いたように、「カメラに強いMeitu」というブランドをよりアピールするために、Meituは2015年11月にデジタルカメラ「BF1」を発表。2016年上半期にリリースするはずでした。ようやく6月末に上海で開催されたMWC上海2016の同社ブースに初めて実機が展示され、いよいよ発売される見通しとなりました。

BF1
片手でも持てる小型サイズ

 BF1のサイズは83×66.9×51.9ミリ、重量は228グラム。スマホメーカーの製品らしく、本体はシャッターボタンが上部にある程度どシンプルなインターフェース。背面の液晶はタッチパネルで、サイズは非公開ですが、3インチ程度はあり操作はしやすそう。

 プレビューを見ながらピント位置を変えたり顔の表情にエフェクトをかける、といったことができるようです。スマホにアプリを入れて、BF1とWi-Fi接続も可能。アプリ側でBF1のレンズを通した映像をプレビューしながら写真や動画も撮影できるとのこと。

BF1
TVへの直接出力も可能

 本体右側には充電端子とHDMI/miniHDMI端子が並びます。撮影した写真や動画をそのままTVに出力できるようになっています。本体左側にはバッテリーやmicroSDカードスロット、microUSB端子を備えているようですが、カバー部分を外すことはできませんでした。

BF1
マイクロフォーサーズ規格でレンズ交換も自在

 BF1が優れているのはレンズが交換できること。しかも、規格はマイクロフォーサーズなので、市販されている各社のレンズを自由に取り付け可能です。なお、Meituは2016年2月10日にマイクロフォーサーズシステム規格へ正式に参加しています。

BF1
ソニーのセンサーで画質はお墨付き

 BF1のセンサーはソニー製の「IMX159」で、画素数は1600万画素。動画は4K(30fps)での録画が可能。撮影後の写真、動画はスマホ側のアプリを使い、自動転送することも可能です。ですが、残念ながら展示品は電源が入らず、画質のテストやスマホとの連携を試すこともできませんでした。

BF1
付属レンズは14-42ミリのズーム

 付属のレンズは1F3.5-5.6、14-42ミリ。35ミリ換算で28-84ミリですからこの手の入門クラスのカメラ用としては妥当なもの。

 このレンズは自社製品とのことですが、どこかのメーカーの製品のOEM品かもしれません。レンズには光学手振れ補正を内蔵。最小焦点距離は20センチとマクロはやや弱め。用途に応じて市販のレンズと交換して使えるのがいいですね。

BF1
スマホ連携デジカメで、カメラの利用シーンがさらに広がる

 価格はまだ未定ながら、2万円台程度ならスマホのお供に買ってもよさそうですね。また、ソニーやオリンパスの出しているレンズスタイルカメラはスマホなどとの接続がほぼ必須ですが、BF1ならばこれ単体でもカメラとして使うことが可能です。

 発売時期も未定ですが、ここまで製品が仕上がっているということは、夏くらいには出てくるかもしれません。スマホメーカーが手掛けるミラーレスカメラ、どんな製品になるのか楽しみです。

山根康宏さんのオフィシャルサイト

「スマホ好き」を名乗るなら絶対に読むべき
山根博士の新連載がASCII倶楽部でスタート!

スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典

 長年、自らの足で携帯業界を取材しつづけている山根博士が、栄枯盛衰を解説。アスキーの連載「山根博士の海外モバイル通信」が世界のモバイルの「いま」と「未来」に関するものならば、ASCII倶楽部の「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」は、モバイルの「過去」を知るための新連載!

 「アップルも最初は試行錯誤していた」「ノキアはなぜ、モバイルの王者の座を降りたのか」──熟練のガジェットマニアならなつかしく、若いモバイラーなら逆に新鮮。「スマホ」を語る上で絶対に必要な業界の歴史を山根博士と振り返りましょう!

→ASCII倶楽部「スマホメーカー栄枯盛衰~山根博士の携帯大辞典」を読む

ASCII倶楽部は、ASCIIが提供する会員サービスです。有料会員に登録すると、 会員限定の連載記事、特集企画が読めるようになるほか、過去の映像企画のアーカイブ閲覧、編集部員の生の声を掲載する会員限定メルマガの受信もできるようになります。さらに、電子雑誌「週刊アスキー」がバックナンバーを含めてブラウザー上で読み放題になるサービスも展開中です。

→ASCII倶楽部の詳細はこちらから!

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!