2016年04月03日10時00分

Oculus Riftの製品版がとうとう出荷! 意外にも今までは開発キットでした

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • Pocket

Oculus VRのCEO ブレンダン・イリベさんが、Oculus Riftの出荷をツイート

3月28日はOculus Riftの出荷日だったんですよ!

 どうも〜、VRおじさんこと広田です! こんにちは。

 2016年はVR元年と言われてますが、3月28日にOculus Riftが製品版をとうとう発売しました。VR業界の念願がついにカタチになったという感じですよね。

 Oculus VRは2012年にKickstarterで出資を募って、目標金額のおよそ10倍となる243万7429ドル(約2億7300万円)を調達しました。2013年には第1世代の開発キット「DK1」を出荷。そして2014年には、第2世代の開発キット「DK2」をリリースし、さらにFacebookが20億ドル(約2240億円)で同社を買収するというニュースもありました。そこから販売されなかった開発キット「Crescent Bay」を経て、今回の製品版につながっています。開発キットだけで、ここまで話題になっていたのがスゴいですよね。

Oculus
プレオーダー1人目の方に、Oculus VR共同創業者のパルマー・ラッキーさん自らが製品版を手渡しに行った。とてもフレンドリーなお人柄で、「ソードアートオンライン」などのアニメ好きということもあって日本のVR業界にもファンが多いです

 そうした長期間の思いもあって、Oculus VR自体もかなりお祭りムードだったと感じます。なぜなら、Kickstarterで支援してくれた方には、お礼の意味を込めて製品版をプレゼントするという粋な計らいをしています。

 さらにプレオーダーした1人目はアラスカに住んでいますが、Oculus VR共同創業者のパルマー・ラッキーさん自らがわざわざ飛行機に乗って現地を訪れ、手渡しに行くというサプライズを敢行してます。

Personally delivering the first Rift to Alaska!

Palmer Freeman Luckeyさんの投稿 2016年3月26日

 DK1はKickstarter以外のサイトでも販売していましたが、残念ながらそっちの方々は製品版をもらえていません。気持ちとしては、「いいものかどうかわかない状態」でも支援してくれた人たちへのお礼ですね。

あとは、FacebookのCEO、ザッカー・バーグが、FacebookでOculus Riftの使い方を生中継で紹介してたりして、かなり力が入ってるのが伝わってきます。

 Kickstarterは、支援してもプロジェクトが途中で頓挫することもありイイ話ばかりではないところに、「イイ話キター!」と大あたりのプロジェクトですね。

もしOculus Riftを手に入れたら、どう使えばいいの?

 日本のVR業界では、有志による「草の根」開発がとても盛んです。だからと言って、ソフトを開発する能力がなければ製品版のOculus Riftを楽しめない……というわけではありません。

 製品版のハードと一緒に、アプリストアやライブラリー、フレンド機能などが含まれている「Oculus Home」というプラットフォームソフトが公開されました。これによりアプリストアの画面で面白そうなタイトルを見つけてダウンロードし、Oculus Riftをかぶってバーチャル世界に飛び込めるようになりました。スマートフォンの構造と同じですね。

Oculus
Oculus Homeは、付属のコントローラーを利用してアプリを選んだりできる。Oculus Riftを利用するにはGeForce GTX 970以上、またはRadeon R9 290以上というハイエンドグラフィックカードを搭載したPCが必要! PCのスペックはちょっとハードルが高い……

 ローンチタイトルは30あまりあって、日本からはコロプラさんがパズルゲームの「Fly to Kuma」とテニスゲームの「VR Tennis online」の2本をリリースしています。VR Tennis onlineはオンライン対戦もできて、パルマーさんも結構ハマってるっぽいです。

 しかし、筆者の観測範囲では、日本でまだ製品版が届いた人は1人もいないのがちょっと残念。なので、保証対象外になりますが、既存のDK2でもこのOculus Homeが動くので、少しでも雰囲気を味わおうと体験するのもアリでしょう。例えば、「Lucky's Tale」というアクションゲームや「Henry」というVRアニメが無料で配布されているので、作り込まれたVRコンテンツがどんなものか試すのにピッタリです。

 製品版とDK2の画質差は大きく、同じコンテンツでもまったく別物の体験ですが、店頭では買えないし、公式オンラインストアで今から申し込んでも出荷は7月なので、DK2ユーザーならやってみる価値はあるかも!?

Oculus
「Oculus Touch」はVR空間で「手」を再現するハンドコントローラー。発売予定は当初、2016年上半期の予定だったのがちょっと遅れて、2016年内。これが出るとOculus Riftのおもしろさがさらに加速されるはず!


 Oculus Riftの発売で、いよいよコンシューマーVRの幕開けが訪れそうです。4月4日には台湾のHTCと米国Valveがタッグを組んで作ったPC向けVRヘッドマウントディズプレー「HTC Vive」の出荷が控えてたりして、来週もアツくなりそう!


Oculus

広田 稔(VRおじさん)

 フリーライター、VRエヴァンジェリスト。パーソナルVRのほか、アップル、niconico、初音ミクなどが専門分野。VRにハマりすぎて360度カメラを使ったVRジャーナリズムを志し、2013年に日本にVRを広めるために専門ウェブメディア「PANORA」を設立。「VRまつり」や「Tokyo VR Meetup」(Tokyo VR Startupsとの共催)などのVR系イベントも手がけている。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking