2016年03月30日10時00分

iPad ProによるPC置き換えが困難でも、iPad世代はPC世代に取って代わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 前回のiPhone SEに続き、今回は9.7インチのiPad Proについて取り上げます。

iPad ProによるPC置き換えが困難でも、iPad世代はPC世代に取って代わる
9.7インチ版のiPad Pro。従来通りのiPadとして使うなら、値下げされたAir 2も魅力だ。

 単にiPadとして使う分には、値下げされたiPad Air 2も魅力的です。画面が美しく、性能も十分に高いので、いまのAir 2に筆者も大きな不満はありません。

 再び議論を呼びそうなのは、「9.7インチのiPad ProがPCを置き換えるかどうか」という点です。

9.7インチ版の登場でも「PC置き換え」は難しい

 9.7インチのiPad Proは、「Apple Pencil」によるペン入力や、9.7インチ用の「Smart Keyboard」によるキーボード入力に対応しました。メモリー容量が12.9インチ版の半分の2GBになるとみられる点は残念ではあるものの、まさに小型版iPad Proといってよいでしょう。

 アップルはiPad Proを、改めて「PCの置き換え」用として位置付けています。しかし、12.9インチ版の登場以降、多くのメディアやレビュアーが「PCの置き換えにはならない」と指摘してきたことも事実です。

iPad ProによるPC置き換えが困難でも、iPad世代はPC世代に取って代わる
12.9インチが9.7インチに小型化しても、PCを置き換えやすくなるわけではない。

 PCの用途は多岐に渡っており、一括りに議論することはできないものの、テキストやスプレッドシート、画像などを編集し、受け渡しを繰り返していく一般的なナレッジワーカーの作業を想定すると、どうでしょうか。その不満点は、「ファイル」「アプリ」「操作性」といった点に集約されます。

 PCでは当たり前にできるファイル操作を、iPadは苦手としています。企業によるiPadの導入事例を見ても、紙のカタログをデジタル化したり、業務アプリへの簡単な入力作業にとどまっているものが多く、その背後でPCが活躍していることは容易に想像できます。

 アプリや周辺機器はPCと比べて機能が限定的で、選択肢も限られています。操作性もPCとは大きく異なり、キーボードショートカットの対応は不十分で、マウスカーソルも使えません。

iPadにあわせて仕事を最適化できるか

 だからといって、これらの不満点を改善するようiOSにを求めるのも、ちょっとお門違いの感があります。ファイルを意識することなくコンテンツやデータに集中できること、タッチ操作だけで誰もが簡単に使えること、メンテナンスの手間がかからないことが、iOSの魅力だからです。

iPad ProによるPC置き換えが困難でも、iPad世代はPC世代に取って代わる
iOSには不満があるものの、PCのように複雑になることは誰も望んでいない。

 では、どうすればよいかというと、我々が一番やりたくないことに言及せざるを得ません。それは、iPadにあわせて我々の仕事のやり方を変えるということです。

 たとえばデジタルワークの中心にあるファイルのやり取りについて、本当に必要なのはファイルではなく、その中にあるデータのはずです。添付ファイルでメールを送るのではなく、クラウドに保存したデータのURLを共有する、というやり方ではどうでしょうか。

 また、「仕事でExcelが必須」という人でも、よくよく聞いてみれば、いわゆる「Excel方眼紙」で帳票作業をしていたりします。あるいは効率化のためマクロを作り込んでいるような場合でも、Googleのスプレッドシートとスクリプトなら、さらにスマートに解決できるかもしれません。

 しかし、そういうことが頭では分かっていたとしても、やはりiPad Proのために仕事のやり方を変えるなど本末転倒だ、と思う人が大多数でしょう。重要なのはビジネスで結果を出すことであって、デバイスはそのための道具に過ぎません。

iPad世代がゆっくりとPC世代を置き換える、という変化

 筆者自身、少しずつ仕事環境をアップデートしてはいるものの、仕事にPCは必須です。この原稿を送る際にも、スクリプトを使って下処理を加え、APIでDropboxにアップロードしています。よくカスタマイズされたPCの作業環境はとても快適で、そう簡単に移行できないという気持ちはよくわかります。

 ただ、確実に言えることは、これから新しく何かを覚えたり、新しくビジネスを立ち上げたりする際には、旧来の手法にとらわれず、新しいやり方を一足飛びに導入するチャンスだということです。

iPad ProによるPC置き換えが困難でも、iPad世代はPC世代に取って代わる
9.7インチ版が登場するのは、ちょうど年度の節目でもある。これまでのやり方を変えるのが難しくとも、新しく始めるならチャンスだ。

 つまり、iPad Proが直ちにPCを置き換えるかどうかという問題設定は、あまり重要ではありません。それよりも、最初からiPad(あるいは、それに類するスマートデバイスでも構いません)を使う人たちが、PCを使う人たちをじわじわと置き換えていく、という世代交代のほうが、はるかに重要なインパクトをもっていると筆者は考えています。

日本語環境にはまだ不安も

 ところで、iPad Proの日本語環境にはそんな「iPad世代」でも絶対に不満を覚えるであろう問題が残っています。Smart KeyboardはまたしてもUS配列だけで、JIS配列がないのです。全世界的にみてもUS配列しかなく、各国のユーザーから多くの不満が上がっています。

iPad ProによるPC置き換えが困難でも、iPad世代はPC世代に取って代わる
米国以外のアップルストアでも「US配列のみ」の説明付きで売られている。これでは売れるものも売れないのではないか。

 また、iOS 9から日本語と英語を切り替えるショートカットキーが「Command+スペース」から「Ctrl+スペース」に変わったことも、筆者には衝撃でした。サードパーティ製キーボードの中には、言語切り替えキーが機能しなくなったものもあります。

 他の機能とバッティングしたことで仕方ないとはいえ、こうした事例を見ていると、OSレベルでショートカットキーをカスタマイズする機能がiOSにも欲しくなるものです。

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly
スマホやタブレットからはniconicoアプリをダウンロードのうえ、こちらからご覧ください

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!