2016年03月29日11時00分

実売40万弱の超ハイエンド機に刷新、チタン削り出しの「Layla II」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

 アユートは3月29日、JH AudioとAstell&Kernの協業で生まれたユニバーサル型IEM(イヤモニ)の新製品3モデルを4月2日に発売すると発表した。同社直販サイト“アキハバラ e市場”などで本日から予約を開始した。

JHAudio
JHAudio
Layla II

 昨年のポタフェスでワールドプレミアとなった製品。既存のLayla、Angie、Roxanneをブラッシュアップしたほか、BAドライバーを6基内蔵したエントリー機種「ROSIE」も発表された。今回はROSIEを除く、上位3モデルの発売時期と価格が確定した。価格はいずれもオープンプライス。

  • 「Layla II」(直販価格:39万9800円):BAドライバー12基
  • 「Roxanne II」(直販価格:26万9980円):BAドライバー12基
  • 「Angie II」(直販価格:18万9980円):BAドライバー8基

 共通する特徴は金属ブロック削り出しの金属筐体になった点。Layla IIはチタンブロック、それ以外の3機種はアルミブロックを削り出している。従来機種はカーボンファイバー製ボディーに金属製のベゼルを組み合わせていた。Layla IIとRoxanne IIは同じ12ドライバーだが、低域の味付けが異なる。Layla IIはスタジオモニター的なフラット志向、Roxanne IIはよりロックを意識した濃い低域を重視しているとのこと。

 ドライバーは新設計。MOON AUDIO製のハイエンドケーブルを採用した。

 低・中・高域用に独立した導管を用いて位相を管理する(freqphaseテクノロジー)。低域調節機能(Variable bass:Layra IIは0~+13dB、Angie IIは0~+10dB)を持つ。BAドライバーはLayra IIとRoxanne IIが低・中・高音用に各4基(soundrIVe テクノロジー)。Angie IIが低音用に4基、中・高音用に2基。一般的な直径3.5㎜/3極プラグに加え、バランス駆動用の直径2.5㎜/4極プラグを持つ点などは従来機種と同様。

JHAudio
JHAudio
Roxanne II
JHAudio
JHAudio
Angie II

 Layla IIは周波数特性10Hz~23kHz、音圧感度117dB/mW、インピーダンス20Ω。Roxanne IIは10Hz~23kHz、119dB/mW、15Ω。Angie IIは10Hz~23kHz、117dB/mW、17Ω。

■関連サイト

関連記事

あわせて読みたい

follow us in feedly

最新のニュース

アスキーストア人気ランキング

特集

Comic

アクセスランキング

Like Ranking

BEST BUY

みんなが買っている最新アイテムはこれだ!

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

Amazon

8,980円〜

55人が購入

Fire TV Stick

Fire TV Stick

Amazon

4,980円〜

41人が購入

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon

12,980円〜

11人が購入

Amazon.co.jp